シュミテクトコンプリートワンEXとクリニカアドバンテージハブラシで弱ってきた中年男の歯を長もちさせる

歯ブラシが古くなり、歯磨き粉もなくなったので新しいのを買ってきました。

歯ブラシは「クリニカ アドバンテージハブラシ 4列 コンパクト」。

歯磨き粉は「シュミテクト コンプリートワンEX」。

最近は、他の歯ブラシや歯磨き粉に目もくれず、もうずっとこいつらです。

クリニカ アドバンテージハブラシを一度でもつかうと他はつかえなくなる

IMGP0800 (1)

▲クリニカアドバンテージハブラシとシュミテクト コンプリートワンEX。もうこの組み合わせがないと生きていけません。

なぜか。

IMGP0806 (1)

▲極薄ヘッドのスゴいヤツ。

この歯ブラシ、店頭で手にとれば他とは雰囲気が明らかにちがうことに気づくでしょう。

細く、薄いのです。もともとウェルター級なのに、無理矢理フェザー級にまで減量した力石のごとくムダをそぎ落としたそのすがたは、ドラッグストアの歯ブラシコーナーで異彩をはなちます。

ぼくはもともと、ヘッドが小さな歯ブラシが好みです。以前はシステマの小さいやつを愛用していましたが、それでも大きい。かねてから「もっとヘッドが小さい歯ブラシはないのか」と探していたので、これを見つけたときは狂喜しました。

IMGP0808 (1)

▲この極薄ヘッドと、短かめの毛足のおかげで、口の中でのとりまわしがとてもよく、前歯の裏側の歯が入り組んだところや、奥歯の裏側といった、これまではキレイに磨くのがむずかしかったところが、磨きやすいのです。

IMGP0809 (1)

▲ハンドルが細いので「これだけ細いと持ちにくいのでは」と感じますが、それで正解なのです。

歯ブラシは、力強くにぎってしまうと、必要以上の力で磨いてしまい、歯茎を痛めてしまう原因となります。

細いハンドルをうまく持とうとすると、自然に写真のようなペンシルグリップとなり、適切な力加減で歯を磨ける、というわけです。

シミるのを防ぎ口中をクリーンにするシュミテクトコンプリートワンEX

IMGP0805 (1)

▲シュミテクト コンプリートワンEX。シミるのを防ぐ、歯周病予防、歯を白くする、ムシ歯予防、口臭防止、口中クリーン、歯石沈着予防の7つの効果をもつという、歯が弱ってきた中年世代にはうれしい歯磨き粉です。

IMGP0815 (1)

▲この歯磨き粉、お高いです。軽く他の歯磨き粉の数倍はします。

それでも、繰り返しこれを買ってしまうのは、シミるのを防いでくれるから。

ぼくは虫歯を数回治療した歯が、何本かあります。治して、かぶせても、かぶせた中からまた虫歯になるのですね。数回これをくりかえすと、削りしろがなくなるので、いよいよ神経を抜くことになります。

前回の治療では、もう神経を抜いたほうがいいけどギリギリ残しておけるかも、という歯があって、お医者さんに「なんとか残してくれ」とお願いしました。神経を抜くと歯はもろくなってしまい、歯の寿命を縮めることとなるので。

うまく治療はできましたが、冷たい水や、歯磨きでしみることがありました。まあしかたがないか、とあきらめていましたが、試しにシュミテクトをつかってみたらそれがピタリと止まったのです。で、シュミテクトをやめると、またシミるのが再発します。

歯磨きでシミるのはいやなもので、ついついケアがおろそかになり、また虫歯になる、という悪循環が怖いです。シュミテクトを使い続ける限りはシミないので、もうはなれることができません。

シュミテクトにはいくつか種類があって、コンプリートワンEXはその中でも高いほうなんですが、これを買うのはシミるのを防ぐ以外に、歯周病予防、歯を白くする、ムシ歯予防、口臭防止、口中クリーン、歯石沈着予防という効果も見込めるから。

すぐに体感があるのは、「口中クリーン」ぐらいですが、これがなかなか侮れない。他の歯磨き粉では得られないサッパリ感が、長時間続くので、歯を磨いた充実感が大きいのです。

というわけで、中年ともなれば、いかに健康な歯を残していくかがアンチエイジングのキモです。それには、よい歯ブラシと歯磨き粉でていねいに磨きましょう、という話でした。

おしまい。