手帳術とノート術

能率手帳ゴールドのつかいかた【2016年9月版】自己管理からアイデア創出のツールへ

能率手帳ゴールドをつかっています。トラディショナルで保守的なフォーマットで、「オッサン手帳」と揶揄されもする能率手帳ですが、古くささが一周してしまうとそれは伝統となり、歴史となるのでしょう。

近年の手帳ブームで能率手帳ゴールドは再評価された感があります。

インスタグラムで「#能率手帳ゴールド」で検索してみると。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-10-17-57

質実剛健、おっさんの仕事のための能率手帳ゴールドが、なんだかおしゃれなツールに見えます。女性ユーザーが多いことにもおどろきますね。トラベラーズノートやモレスキンなど「なんだかいい雰囲気の手帳」はずいぶんと増えましたが、そういった「オシャレ感」とは無縁であるはずの能率手帳がなぜこれほど人気なのか。

それはこの手帳が「本物」だからでしょう。表紙の皮革、中の紙、小口に塗った金。どれも最高級の素材です。それらをハイレベルな製本技術で仕上げたこの手帳からは、「オシャレ感」ではなく「本物感」がただよいます。手に持って、パラパラめくるだけで生まれるこの満足感は他の手帳ではちょっと得られません。

ぼくは2015年から能率手帳ゴールドをつかいはじめ、2016年もつかい、2017年もつかう予定です(つかいませんでした)。

ここでは、2016年9月現在の能率手帳ゴールドのつかいかたをまとめてみます。

2016年の能率手帳ゴールドはこうつかっている

裏表紙にボールペンをさせばいつでもメモできる

img_2424

▲2016年版の能率手帳ゴールドです。書き込むペンは、カランダッシュの油性ボールペンのみ、と決めています。

img_2425

▲「書きたいときにペンがない問題」は裏表紙にカランダッシュをさして解決。表紙の皮革は多少痛みますが、破れることはありません。書きたいときにペンがないの論外ですし、手帳とペンが別の場所にあると「アイデアがひらめいたけど書くのがめんどう」となってしまいます。手帳をつかいこなすには、メモへのハードルをいかに下げるか、が大事です。

見返しには結局なにも書かなかった

img_2426

▲見返しには2016年の抱負を書いて毎朝確認しようと考えていたものの、書く文章をアウトライナーで編集しているうちに「アウトライナーを読めばいいじゃない?」ということに。一年間の豊富といえど、日々変化していくのでそのほうが都合がいいんですよね。でもやはり見返しにはなにかを書いておきたい。2017年はどうするか検討しましょう。

月間予定表には習慣を記録していたが

img_2427

▲能率手帳ゴールドの特長のひとつ、月間予定表。ガントチャート形式であるため、使いこなしはなかなかむずかしいようです。ぼくは習慣として続けたいことを書き込んでいますが、現在これはB5ノートに移行したので、能率手帳ゴールドの月間予定表をどうするかは考え中。

週間予定表は自己管理からアイデア創出へ

img_2429

▲週間予定表の使い方は、なんだか定まっていません。これは、iPhoneのタスク管理アプリ「たすくま」で、各プロジェクトにどのぐらい時間をつかったかを出力し、それを書き込んだページ。

thumb_img_2430_1024mo

▲こっちは,見開きを90度回転させ、バーチカル的に行動を記録したページ。自己管理のツールとして、能率手帳ゴールドをつかっていたわけですが、そういった役割はB5ノートに移行したので、能率手帳ゴールドには別の役割を与えることに。

img_2428

▲今後、メインの用途としていきたいと試行錯誤しているのが、B5ノートに書いたアイデアをすくいあげる「メタノート」。B5ノートはけっこうな量を消費するんだけど、そこに書いてあることは玉石混合なので、情報の密度としては薄い。そこで、定期的に読み返し、いいなと思ったアイデアは能率手帳ゴールドにすくい上げる、ということをしてみたい。

上の写真は読書ノートに書いた「きらわれる勇気」のメモを、さらに凝縮してまとめたもの。

「メタノート」とは、外山滋比古の「思考の整理学」で言及されているノートのつかいかた。そのうちにまたまとめてみます。

他者が手帳をどう使っているのかを見るのが大好きだ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-10-01-05

▲能率手帳を販売しているJMAMの「みんなの手帳部」というコンテンツ、とてもいいですね。ユーザーがどのように能率手帳をつかっているのかを読むことができます。ぼくは他者がどう手帳をつかっているのかを見るのが大好きで、こういった記事はもういつまでも読んでしまいます。



▲NOLTYの公式サイト。オンラインショップもこちらから。

数年前、能率手帳はブランド名を「NOLTY」と変更しましたね。能率手帳ゴールドが変わらないのなら、気にしないことにしましょう。細かいこというと、能率手帳ゴールドの商品名は正式には「NOLTY 能率手帳ゴールド」となっており、これはあんまり美しくないですね。

関連リンクはこちら

〔3121〕NOLTY 能率手帳ゴールド(黒)

「能率手帳の流儀」 一本筋のとおった手帳本

おしまい。

ピックアップ記事

  1. 44歳の中年男が歳が半分の女の子とどうやっておつきあいすることになったか書いてみ…
  2. 肉豆腐の簡単でうまいレシピはこれだ 肉とネギと豆腐としらたきがおりなす小宇宙に酔…
  3. 家族とはなんなのか 23歳から93歳までが集う新年の食事会で考えたこと
  4. 「すべてはモテるためである」二村 ヒトシ(著)を読んだ 「キモチ悪さ」を消して女…
  5. 復讐するは我にあり 眠れぬほど悔しいなら全力で復讐しよう

関連記事

  1. 手帳術とノート術

    システム手帳のリングのかみ合わせ調整とレザーのメンテナンスについて

    先日書いたように、システム手帳を再びつかいはじめた。バインダーはノック…

  2. 手帳術とノート術

    システム手帳を再びつかうために驚異的な薄さのバインダー「ルフト」を買った

    最薄のシステム手帳バインダー、「ルフト」を買った。システム手帳をつかう…

  3. 手帳術とノート術

    夢は書けばかなうというのは本当か 手帳は夢へのカーナビだから目的地と今いる場所を書きこもう

    夢を書けばかなう、とは多くの成功者が口にすることだ。先日読んだ本「一冊…

  4. 手帳術とノート術

    夢をかなえるシステム手帳の続けかた 書いて見返せば10年後には夢がかなう!?

    システム手帳を再開した。社会人になってから使い続けてきたシステ…

  5. 手帳術とノート術

    B5ノートで頭の中がすっきりしてタスク管理もうまくいきアイデアもいっぱいわいてくる

    A3の用紙一枚に思考をまとめるA3ノートをつかっていますが、紙が大きす…

リライトしたのでおすすめ

  1. 文房具

    能率手帳ゴールドのつかいかた 年間予定表を目次にしてみる【2016年版その1】
  2. マッスルクッキング

    サラダチキンよりも全然うまい鶏胸肉のふんわりやわらかレシピ 塩と水と炊飯器で簡単…
  3. 週報

    【週報】2017年5月20日(土)から5月26日(金)をふりかえる 過去の記録に…
  4. 文房具

    トラベラーズノートのつかいかた 軽量紙リフィルの見開きで1日を完璧に管理する
  5. 手帳術とノート術

    システム手帳のリングのかみ合わせ調整とレザーのメンテナンスについて
PAGE TOP