2016年に買って、つかってよかったものを8つ上げてみる

2016年ももう終わりなので、今年買ってよかった、あるいはつかってよかったものを8つまとめてみました。

緊急購入でフトコロが痛かったが結局は買ってよかった MacBook12(Early 2016)

imgp0545

いちばん高額な買いものはMacBook12でした。

【関連記事】MacBook12(Early 2016)を半年間使い続けたのでレビューしてみよう

メインマシンのMacBook Pro Retina15が浸水するという事故で緊急的に購入したのですが、結果からすれば買ってよかったです。

パソコン1台ですべてこなすというのはなにかあったとき不安なんですね。最低2台、できれば3台体制で回していきたい。ということで来年はiMacほしいです。

超ヘビー級だが料理がなぜかうまくなる魔法の調理器具 南部鉄器フライパン

imgp0437

買ったのは一昨年ですが、今年は自炊が増えたので、一気に使用頻度が上がりました。フライパンではなく、「フライパンのかたちをした鋳物」です。鉄塊です。

なので、ものすごく重いです。鍋ふりしながら強火で一気に炒める、というつかいかたには向いていません。

弱火でじっくりと加熱する、という調理方法になるわけですが、これがとてもいい。牛肉や豚肉のかたまりも、弱火でじっくり焼けばおいしくローストできます。

最近は焼き芋を焼くのにはまっていて、アルミホイルに巻いたさつまいもをとろ火で2時間、じっくり焼くとびっくりするほど甘くなります。テフロン加工のフライパンだと、2時間加熱するというのはちょっと躊躇してしまいますが、こいつだとなんの問題もありません。

また、肉豆腐などの煮物を作る場合でも、いったん肉と野菜を炒めてから煮ると、とても味がよくなることに気づいて、さらに使用頻度が上がりました。

つかいこむうちに、ほとんど焦げつかなくなってきましたが、これはどういう仕組みなんでしょうね。

つかいおわったら、スチールたわしでゴシゴシ洗えるのもいいです。水気が残っているとすぐ錆びるので、洗って火にかけて水を飛ばせば手入れは完了。万が一、錆びても、スチールたわしで磨けばすぐに落ちます。

「一生もの」という言葉はそう簡単にはつかいたくありませんが、このフライパンはまちがいなく一生ものとなるでしょう。それほど気に入っています。

▲最近、同じく南部鉄器の鍋を見つけてしまったので、近いうちに買ってしまうかも。

カメラはデカくてダイヤルとボタンがたくさんあるほうがいい デジタル一眼レフ K5IIs

img_4091

まだぜんぜんつかいこんでないのですが、中古で買った一眼レフのK5IIsも、買ってよかったものです。

カメラは持ち運びしやすく小さいほうがいい、と考えているのに、動作があやしくなってきたPowershot s120の代替機を探しに行ったところ衝動買いしてしまったカメラ。

実際につかってみて、「カメラは大きくてダイヤルとボタンがたくさんあるほうがいい」とも考えるようになりました。s120はコンパクトカメラにしては露出補正などの操作はしやすいほうでしたが、それでもファインダーをのぞきながらダイヤルとボタンでなんでもできるK5IIsにはかないません。

とはいえ、カメラは小さいほうがいい、というのもやはり正解で、スマホ、コンパクトデジカメ、レンズ交換式のある程度大きなカメラ、と3段階の大きさの撮影機材を用途に応じて使い分けるのがいいんでしょうね。

日本製のスマホは終焉しつつあるのか HUAWEI P9lite

今年は通信環境を見直しまして、ソフトバンクからiijmioにMNPしました。

で、試しに、異常に安かったP9LITEを買ってみたのですが、これがもうまったく日本製のスマホと変わらない。あとは電子マネーに対応してくれたらもう完璧でしょう。

数年前、中国製のAndroidスマホをつかったことがあって、その品質の低さにびっくりしたのですが、たった数年でここまで洗練させてきたことにおどろくとともに、日本メーカーのスマホは終焉しつつあるのかも、と少しさびしくなりました。

スマホではないが、スマホの始祖といえなくもないザウルスやクリエといったPDAが百花繚乱だったころがなつかしいです。

ついに最後となったiモードガラケー P-01H

通信環境の見なおしで、MVNOの料金プランは通話に適していなかったため、通話だけはドコモに移し、入手したP-01Hですが、最後のiモードガラケーとなってしまいました。

▼関連記事

ドコモのガラケーP-01Hを一括ゼロ円カケホーダイプランで運用して通信費を大幅に圧縮してみる

維持費を抑えるため通話のみのプランで運用しています。通話するだけなら、これほどつかいやすい端末はないですね。長時間通話しても、とにかく電池が長持ちします。

また、軽いので手への負担が少ないのもいい。落としてもこわれにくい。SMSで字を打つこともありますが、意外に速く入力できます。

2年縛りの期間中、大活躍してくれることでしょう。

モバイルルータの進化におどろいた MR04LN

ソフトバンクからMNPしたiijmioでは複数のSIMをもてるプランがあるので、数年ぶりにモバイルルータを導入したのですが、その進化におどろきました。

なんといってもまず小さい。箱から取り出したときは、本体をフタかと思ってしまったほどです。重量、電波のつかみ、スリープからの復帰、電池の持ち、すべて数年前から飛躍的に進化していますね。

ほんというと、MacBookにSIMがさせるようになればいいのですが。

カラダがかたくなってきたら毎日のメンテでケアしよう 骨盤職人

買ったのは昨年ですが、今年になって使用頻度が急に高くなりました。

その理由は、カラダの故障が増えたから。これまでにもその兆候はあったのですが、今年は、ひざ、肘、肩など、関節がいっせいにこわれだした年でした。

おかげで、趣味の筋トレの強度もかなり下がりましたが、しかたありませんね。

しかし、ガタがきたとはいえ、交換ができないのが自分のカラダ。こんなにあちこちが急に調子悪くなったのは、カラダがカタいせいではないかと考えて、骨盤職人でほぐす時間を増やしたのです。

▼関連記事

「骨盤職人」で背中を変えよう 息を呑むほど痛いが5分で劇的に身体が軽くなる 

骨盤職人はこうつかえ! 骨盤だけでなく肩甲骨も大腿もハムも肩も全身をほぐしてケアしよう

つかいかたを工夫して、全身をほぐしています。最近のお気に入りは、ふくらはぎの上に骨盤職人を置き、正座するというもの。ハムが筋肉痛だと、「拷問にかけられてるんじゃないか」というほど痛いですが、きちんとほぐすと、股関節まわり、ひざまわりの動きがちがいます。

なんとなくいい雰囲気の手帳+ノート トラベラーズノート

img_2601

2017年は、これまでつかってきた能率手帳ゴールドから、トラベラーズノートにのりかえます。

▼関連記事

トラベラーズノートのキャメルと2017ウィークリーを買った

A5をスリムにした中途半端な大きさ、ザックリしたアバウトなつくりで構造上平らな机の上では書きにくいカバー、中綴じで開きが悪いリフィル……。書き出してみると、なんだかつかいにくそうなトラベラーズノートですが、魅力もあります。

中途半端な大きさゆえにノートと手帳を統合できる、フレキシブルな固定方法で綴じノート数冊を一冊にまとめられる、など。

しかし、トラベラーズノート最大の魅力は、「なんだかカッコいい」ことでしょう。その世界観と雰囲気が気に入れば、多少のつかいにくさはなんとかなるのではないでしょうか。

ぼくとしては、きちんとメンテしてカバーをツヤツヤにする、という方向ではなく、あえてボロボロのバサバサにエイジングしてみたいです。

そういうのエイジングといっていいのかわからないけど。

2017年はこれがほしい

ということで、2016年に買ってよかった、つかってよかったものを8つあげてみました。8つとしたのは「八」の末広がりがめでたいということでひとつ。

来年はiMacがほしいです。MacBook Pro15も更新したいな。

あとクルマもほしいな。いつの間にか、関東、中部、関西にまで取引先がひろがったので、クルマで出張しつつ、お客さんをまわりたいです。

では、よいお年を。