年末に自分の10大ニュースを思い起こし来年の糧とする

2017年も終わり。

今年、どんな年だったかふりかえり、自分の10大ニュースをまとめてみよう。

おのれの10大ニュースを思い起こすことにどんな意味があるのか?

一流は師走に自分の”10大ニュース”を書く|プレジデントオンライン

▲経営コンサルタント小宮一慶氏による記事。

要約すると、年末に自分の10大ニュースを書くことの効果は、

  1. 人生のステージを着実に上がっているか自問自答
  2. 今年の「自分の10大ニュース」が来年の糧になる
  3. 一流の経営者やリーダーは「1年」を必ず振り返る

ということらしい。

やってみた。

2017年 オレの10大ニュースはこれだ

1.婚約した

同居中の彼女と結婚することになった。

40歳を超えると、とうとう自分の家族を作れなかったか、というあきらめがあった。しかし、もう一度そのチャンスをもらえた。感謝したい。

2.兄弟の絆の再生に着手した

親兄弟と別居すると、縁は遠ざかるもの。

でもそのままにしておくと、死ぬほど後悔することになるなと。

▲この本読んで、やるべきことをやっておこうと考えた。

しばらく連絡を取ってなかった兄弟たちと連絡し、会いに行った。

一回会うぐらいじゃダメで、今後もコミニュケーションを継続し、親とさよならする前に、家族の絆を再生したい。

3.新たな顧客を開拓した

新たな顧客を開拓できた年だった。

お客さんからしたら、わざわざ弊社を使う理由はないはずなんだが、わざわざ指名して仕事をくれた。

これほど嬉しいことはない。

4.会社の収益アップした

先のニュースとも関連するが、収益がグッと伸びた年だった。

生きのびた。

来年もググッと伸びることを仕込んでいるので楽しみでしかたない。

5.新規事業に挑戦した

やったことのない事業に、挑戦して失敗した。

カネと時間をかけた。このぐらいのリターンを見込めるだろうと予測した。

見事に外し、かけたカネと時間を失った。

しかし、失敗しなきゃ正解まではたどりつけない。もっと失敗したい。

6.体重が81kgを切った

体重が増加傾向で、去年あたりは87kgまで増えたりして、これはまずいなということでダイエットを始めたが、なかなか減らない。

ケトジェニックをやりはじめたらスルスル落ちて、81kgを切った。ここまで落ちるのは2013年の夏以来ではないか。

体重を落とすには、やはりカロリーとPFCの三大栄養素の管理しかないんだな、と。

7.システム手帳を再び使い始めた

数年前に「もう時代遅れだろう」と手放したシステム手帳に復帰した。

時代遅れだろうが非効率的だろうがもうええわ、と開きなおった。すると、とても気分良くつかえている。

しかし「これ今年の10大ニュースに入れることか」とは迷った。しかし入れざるを得なかった。

手帳を使い、長期計画を立て、日々の記録を取り、メモが増えることで、明らかに生活の質が向上したから。

8.生活リズムが大幅に改善した

システム手帳で管理をはじめたこととも関係しているが、今年は生活リズムが大幅に改善した。

決めた時間に起き、決めたことをやる。

会社を辞めて起業したあとは、朝起きることさえつらい日々(主に前夜の深酒が原因)だったが、今年はもう、ほとんどそういうことはなくなった。

体調も良く、メンタルの乱高下もなく穏やかな日々が流れていく。

素晴らしい日常に感謝したい。

9.食生活が大幅に改善した

ダイエットとも関連するが、記録している食事を見返すと、加工食品が減った。野菜が増えた。魚も増えた。

加工食品は炎症を進め、カラダを老化させるから、今後もこの傾向で食生活を改善していく。

10.ブログが成長した

このブログのPVも大きく伸びた。2016年比で2.5倍ぐらい。

雑記中心で、人様のお役に立てるような記事は少ないが、それでも定期的に読んでくれている方もいるようで、ありがたい。

上手い下手はおいといて、作文が趣味だ。

「あの記事おもしろかったよ」

と言ってもらえるのがとても嬉しい。正直、本業でカネが儲かるよりそっちが嬉しい。そういう性分はいかがなものかと思うのだが。

なので、もっと多くの方に読んでもらいたい。

肩に力入ると文章って一気につまんなくなったりするので、適度に脱力しつつ力入れていく。

おしまい。