「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」魚住 りえ (著) を読んだぜ!

声がとても低いタムラ@kenkonkennです。

自分の話し方があまり好きではなく、正直なところそのへんにはこれまで目をつむってきたのですが、なんとかなるものならしてみようかということで重い腰を上げ、この本を読んでみました。

よい本でした。

声だけなら確かに1日で変えることもできるけど「話し方」を改善するには地道な努力が必要だ

まずはピンときた話し方のコツを箇条書きしてみましょう。

  • 腹式呼吸で話す
  • 朗読で話し方がうまくなる
  • 広角を上げて話す
  • ゆっくり話す
  • 話すときにカラダを動かさない
  • 話を短く区切る
  • 一文を「です」「ます」でしめる
  • 一文が終わればいったん口を閉じる

など。

タイトルの「たった1日で」という点については、腹式呼吸と口腔のつかいかた次第では、確かに1日で声を変えることも可能ですが、話し方、つまりは対人コミュニケーションまでを改善していくには、本書で解説しているような地道な努力が必要でしょうね。

自分の声を好きになれるといいんだけど

著者が提唱する話し方の練習法に「朗読している自分の声を録音する」というものがあります。

自分の声が好きではないのでそれだけはしたくないのですが、効果も大きいんだろうな、という気がします。

ぼくは毎朝、1〜2ページですが、本を音読する習慣があるので、それを録音してみようかな。

オレ
でも自分の声きくのイヤ……