完全無欠コーヒーを2ヶ月ほど続けた結果やせたのか?

ダイエットのため、完全無欠コーヒー(バターコーヒー)を毎朝飲んでいる。もう2ヶ月以上続いている。

完全無欠コーヒーとは、コーヒーに、牧草で育った牛のミルクからつくったバター(グラスフェッドバター)と、MCTオイル(中鎖脂肪酸)を混ぜたもの。

うまいから毎朝完全無欠コーヒーを飲んでしまう

espresso-805537_1920

こんなに続いているのは、もう単純にうまいからで、朝はこれを飲むのを楽しみに起きているようなもの。

コーヒーにバター? 油っぽくてまずそう。そんな先入観があったが、これが実にうまい。

コーヒーにバターとMCTオイルを混ぜ、甘味をつけるためにエリスリトールも追加して、最後にシナモンをトッピングすると、上等なカフェオレのよう。

で、ダイエットの効果はあったのか。やせたか、やせてないのか。

2ヶ月あれば、その効果は出ているはず。体重計に乗ってみよう。

実は体重は減っていない

実はぜんぜん体重減ってない。

完全無欠コーヒーは、Bulletproof Diet(完全無欠ダイエット)のアイテムの一つにすぎない。食生活および生活習慣そのものを改善することで、健康な身体を手に入れよう、というのが、このダイエットの趣旨。

当然、完全無欠コーヒーを続けただけでやせる、というものではない。ぼくは食いしん坊で、加工食品をよく食べてるし、運動量も最近はがくっと減っている。しかし、そこを改善すれば体重は落ちるだろう、という予測はあるので、今後の改善点をまとめてみよう。

体重を減らすための改善点その1 食事

引っ越しなどの忙しさにかまけ、冷食の麺類が続き、酒も相変わらず飲んでいるので、これではやせるはずない。

改善点としては、質の悪い糖質や加工食品を減らし、肉と野菜を食べる。酒を減らす。これしかないのはわかっている。

引っ越しは完了して、生活リズムも整いつつあるので、次は食事の改善に取り組む。

一応、酒の量も減らしている。

体重を減らすための改善点その2 運動

coffee-726534_1920

3月からジムに行く回数が減って、4月はまったく筋トレしていない。

これだけ運動量が減ると、体重増えるだろうと覚悟していたが、あんまり変化していないのは完全無欠コーヒーのおかげかも。今週末から筋トレ再開しよう。

今のところの完全無欠コーヒーの効果

体重減ってないから、完全無欠コーヒーの効果はいまのところまったくゼロなの?

というとそうではない。さっきも書いたように、運動量が減って加工食品が増えているのに、体重増がおさえられているのは完全無欠コーヒーのおかげかも。

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」では、一日の食事時間を6〜8時間以内におさめることを推奨している。

この食事法は、リーンゲインズ法、プチ断食、断続的ファスティングなどといわれ、ダイエットやアンチエイジングには効果大だ。

しかし、ぼくのような食いしん坊には、食事時間が8時間以内というのはつらい。朝目覚めた瞬間から空腹だからつらい。腹が減りすぎてパフォーマンスが低下。腹が減って減ってしかたがない!

そこへ、完全無欠コーヒー。栄養豊富なグラスフェッドバター、すぐに脳のエネルギーとなるMCTオイル、カフェイン。空腹のところにこれ飲むと、脳がよく働く実感がある。

数年前にもリーンゲインズ法を試したことがあって、そのときはたしかに体重が減ったんだけど、貧血になってしまったという。

貧血は、闘気も覇気も減少して、戦えなくなるからヤバい。

注意しないと食べ過ぎてしまうし、下手に食事を減らしても栄養が不足するし、自分のカラダを観察しつつ、うまく食事を加減していきたい。

▲完全無欠コーヒーの原典はこの本

バイオハッカーにオレはなる

▲5kgのバター塊

▲1kgのバター塊

▲200gのグラスフェッドバター由来のギーとココナッツオイル瓶入り。完全無欠コーヒー作るならこれがいちばん手軽

おしまい