ディスクブレーキのロードバイク「キャノンデール SYNAPSE (シナプス) DISC 105」に乗ってみた

同居の彼女がロードバイクを買ったので、受け取りにいく。彼女は電車で、ぼくは自転車でワイズロード船橋へ。

買って4年目となるTREKの「Madoneじゃない3.1」

ワイズロード船橋までは数キロある。11時から購入者への説明会があるとのことで、10時過ぎに出れば間に合うかな。

IMGP0784

▲愛車のTREK3.1。「Madone」がつかない、ただの「3.1」。2012年モデルでアルミフレームだ。

余談だが、2013年から、TREKはアルミフレームモデルにも「Madone」と名付けはじめまた。いいなあマドン。「Madone」とフレームに書いてるだけでカッコよさが何割かアップするよなあ。

いやウソ。名前なんてどうでもいい。今年こそは、こいつにもっと乗るんだ。

てなわけで、あっさりとワイズロード船橋に到着し、ワイワイセールで購入したカノジョのバイクを受け取り、帰宅しました。

ロードバイクにディスクブレーキが必要なのかどうかはまだわからない

IMGP0772

▲彼女のバイク、キャノンデールの「SYNAPSE (シナプス) DISC 105」。アルミフレーム。ディスクブレーキを装備している。

ディスクブレーキだから買った、というわけではない。安すぎない程度に安くて、サイズが合って、彼女が気に入った色はこれしかなかった。

ちなみに、リドレーのFENIXもサイズが合ったうえに、フレームがバキバキと角張っていてカッコよく、ブレーキキャリパーまで105という納得の装備だったので、ぼくとしてはそれを強力にプッシュしたが、「色が気に入らない」ということで却下された。

IMGP0777

▲いいな新品のバイクは。一応、安いペダルを付けたが、そのうちビンディングになるのか。

IMGP0779

▲前のディスクブレーキ。

IMGP0781

▲後のディスクブレーキ。ロードバイクにディスクブレーキがついているのはなんだか不思議だ。

IMGP0782

▲で、ディスクブレーキの感想はどうだったのか。

7kmほど乗った彼女の感想としては、「ブレーキが効かない!」とのこと。えっ!? ブレーキが効きやすい、というのがディスクブレーキの最大の利点のはずなのに?

で、ぼくも試しに乗ってみたが、たしかに効きが悪い。レバーを握りこむと「グニャッ」とした感触。ブレーキパッドのアタリが出るまではこんなものなのか?

もう少し乗ってみないと判断できないな。