DS218Jを導入してクラウドが我が家に来た件

先日書いたようにNASを導入した。

いちばん売れ筋のDS218Jをチョイス。

組み立て、セッティング、NASで今後やりたいことをメモしておく。

HDDをアマゾンで買うというバクチの結果

▲アマゾンで購入。

アマゾンレビュー見るとろくな包装もなしにHDDを送ってくるとか、プライムでお急ぎ便にすると高確率でデリバリープロバイダに当たるとか、怖い。

でも秋葉原とかに往復してる時間ない……!

ままよ、と朝ポチッとしたら夕刻に届いた。

▲梱包は、まあこれぐらいなら。

ちなみに配送はデリプロ。いつものデリプロのおっちゃん、気弱そうで苦労してそうで陰ながら応援してたんだけど、DS218Jを届けてくれたのはモチベーション低そうな長髪のお兄ちゃん。

ds218Jを組み立てよう

▲では組み立て。

▲DS218Jに入ってるもの。

▲HDDはSeagateのNAS用であるironwolf。

NAS用は通常のPC向けよりは割高だが耐久性が高い。

今回は4TB×2台でRAID1とする。

▲マニュアルはペラペラが1枚で説明不足。

synologyのサイトでPDFを見ながら。

▲本体にHDDを突っ込んで、

▲ ネジで止めてフタするだけ。

バックアップ iTunes 写真など NASで我が家がクラウドに

▲DS218J完成。

DSMというNAS用OSのおかげで、設定や管理は簡単。目的に応じてアプリを追加できて色々やれそう。

今使ってる MacBook Pro15 、SSDが256GB手狭なので、NASでうまくやっていきたい。

まずはiTunesのライブラリと写真データか。NASに置いてうまく運用できるのかな。

タイムマシンによるバックアップ先もNASにしたいんだが。

ひとまずおしまい。