DS218Jに保存した写真のrawファイルをAmazonプライムフォトに自動でバックアップする

synology(シノロジー)のNAS、DS218Jを導入した。

【関連記事】DS218Jを導入してクラウドが我が家に来た件|ここはまかせろ先に行け

さっそく、MacBookのSSDを圧迫していた写真ファイルをDS218Jに移動した。これでいくらでも写真撮れるぞ……

DS218JはRAID1で運用している。が、万全を期すなら、DS218Jそのもののバックアップもしておきたい。

当初は、USB の外付けドライブで定期的に手作業するかと考えてたが、どうやらSynologyのNASのOSであるDiskStation Manager (以下DSM) には、NASと各社クラウドサービスを同期する機能があって、amazonプライムフォトとも同期できるらしい。

ということはDS218Jに保管したrawファイルも自動的にバックアップできるのか……!

amazonプライムフォトとはなんなのか

amazonプライムフォトamazonプライム会員の特典のひとつ。

「写真ファイルに限り無制限でクラウドに保管できますよ」というサービス。

rawファイルも保管できるからありがたい。

余談だが、amazonプライムフォトは「amazon Drive」というサービスの一機能。amazon Driveには「写真ファイルのみ」というような制限はない。amazonアカウントを持っていれば、5GBのamazon Driveを無料で使えて、それ以上の容量は有料サービスとなる。

amazonプライム会員は、5GBのamazon Driveと、写真のみ容量無制限のamazonプライムフォトを使える、ということになる。

DS218JのDSMからamazonプライムフォトへの同期を設定する

DSMはMac(あるいはWindows)のブラウザから操作するOS。様々な機能がパッケージとして用意されており、それをインストールして使う仕組み。

▲DSMのスクリーンショット。ブラウザベースのWindowsライクなUIでDS218Jを操作できる。

▲DSMから「Cloud Sync」をインストール。

cloudとかsyncとかついてるパッケージが複数あるからややこしい。

▲ Cloud Syncを起動し、どのクラウドとシンクするのか設定する。

▲ Amazon Driveとつながれば、ローカル側のフォルダ、あっち側のフォルダを指定し、同期か一方通行のバックアップかを選択すればファイルのアップロードが始まる。

▲正直「えっこれで設定完了?」というほどあっけない。

ホントにアップロードしてるのか心配になったのでブラウザからAmazon Driveを確認したらちゃんと始まってて一安心。

1904年のフォルダはなにかのまちがいか。

amazonプライム

おしまい