家事は楽しい カフェとか居酒屋でサードプレイスやってるヒマあったら家づくりに全力を投入したほうがいいよ

家事やってる?

「家事は女のやること」なんて前世紀の遺物だよ。

男こそ家事をやろう。

女は、家事をやる男をパートナーに選ぼう。

家事が楽しい 家事サイコー

分単位で時間管理をしているんだけど、以前と比べてものすごく変わったな、とういのが家事。家事やってる時間が増えた。

家事といってもいろいろあるが、おもに料理と整理整頓、掃除に集中する。

洗濯は「今日は絶対天日干しだな」というお天気でもなければドラム式の全自動で乾燥まで。時短できるところはする。掃除も、そろそろろロボットを導入したい。

家事というと、以前は「苦行」のようなもので、やりたくないがやらなければならないこと、みたいに考えていたが、今は好き好んでやっている。

家事サイコー。

良い食事は収入アップにつながるから自分で作る

食事と整理整頓、掃除。

食事は、体調に直結する。体調イコール仕事のパフォーマンス、つまり収入。カラダに良い食事をすれば、収入もアップする。

カラダに良い食事は、外食では不可能。だから自炊。時間はかかる。食券買ったら出てくる、というわけにはいかない。

だから自分で作る。時間をかける価値はある。

外食の油は基本ヤバい。品質の低い脂質と糖質を避けるため、自分で作る。

老化と炎症を防いで、仕事が進んで、収入もアップして、いいことずくめ。

家事とは家づくり 自分だけの秘密基地作り

自宅で仕事をしていることが大半。だから、自宅の整理整頓は仕事の成果に直結する。

今の住みかに引っ越してもうすぐ2年たつが、すでに2回、模様替えした。

レイアウト的には煮詰まって、もう大変更をする余地はないが、和室をリフォームして機能的なオフィスにしたいな、と。

料理することが多いから、キッチンもリフォームしたい。

ヤマダ電機とかいくと、システムキッチンとか置いてて、アレをいじくり回しているだけで興奮してくる。

となると、今の住みかをスケルトンしてリノベしたいな、とか。

あるいは、最近思いついたんだけど、中古のビル買って、地下はジムにして、1~2階をオフィスにして、上層階を住まいにしたら楽しそう、とか。これ絶対おもしろい。

家事とはすなわち家に触れる行為であり、家づくりにまで発展するのだ。

今気づいたけど、ビル買ったらガレージもいるな。

こうなってくると、男の家事は「秘密基地作り」なんだろう。

35年フルローンで買った家に帰りたくないなんて悪いジョークだよね

30代のころ。

友人知人が、数十年のフルローンを組み、ローンで家を建て、マンションを買いはじめた。

40代になっても、35年フルローンに全力ベットで家を建てた、という話をきく。

しかし、しばらくすると、その人生かけて買ったマイホームに帰りたくないという現象が起こる。

ぼくもマンションを買って、しばらくしてそういう状態に陥った。

人生かけて買った数千万円の我が家に帰りたくない。

最悪なジョーク。俺の人生こんなはずでは。

なぜ、こんなことになるんだろう。

家事をしないからだ。

家とは、買っておしまい、ではない。

買ってから、家事を毎日することで、家づくりをして、「帰りたくなる家」を維持しなければならない。

サードプレイスなんていらない セカンドもいらない ファーストに全力を注げ

家事なんて、仕事をしている男はやる時間がない。

専業主婦にまかせればいい。

昔は、そう思ってた。

家事をしたくないから残業したり飲みに行ったりする、みたいことも。

でも、今は喫茶店とか居酒屋とかで時間つぶしているヒマなんてない。

家事したいから。

パートナーと二馬力で収入を確保する。家事も二人でやる。家づくり、秘密基地作りが楽しい。

というか、それ以上楽しいことってあるの?

なんだよサードプレイスって。

セカンドプレイスさえいらないよ。

ファーストプレイスに、セカンドもサードも入れ込んで、秘密基地を作るんだよ。

理想的な秘密基地をこの手で作るために、家事に、家づくりに、全力を注ぐんだ!

おしまい