病気がイヤなら「油」を変えなさい! 山田豊文(著)を読んだ 悪い油と良い油 良い油「オメガ3」はこうやって増やす

三大栄養素のひとつ、脂質。つまり油。油とは、なんなのか。

ケトジェニックダイエットをスタートしたので、油の摂取量が増えることもあり、あらためて油について知るため、この本を読んでみた。

[clink url=”http://blog.ryouzan.com/omega-3-oil/”]

【関連記事】脂肪の身体にいいとり方をまとめてみた あなたにはオメガ3が足りない||ここはまかせろ先に行け

トランス脂肪ヤバい ショートニングもファットスプレッドもみんなトランス脂肪だったなんて

いうまでもなくトランス脂肪はヤバい。どれだけヤバいかはこの本を読んで再認識しよう。

最近はほぼ外食しなくなり、加工食品も買わなくなった。人工的に作られたトランス脂肪をとる量はゼロに近くなったはずだ。

トランス脂肪といえばマーガリン、だけではない。食品の成分表示を見て「ショートニング」や「ファットスプレッド」とか「加工油脂」とか書いてあれば、だいたいトランス脂肪が入っていると考えていい。

たまには菓子パンでも食うかと、スーパーで手にとり成分表示を見ると、トランス脂肪がモリモリ入っていて、食べる気がなくなる。

菓子パンを常食している人(昔のオレ)は、それをやめるだけでもダイエットがはかどるので、この本を読んでトランス脂肪のヤバさを認識すると、スーパーやコンビニのパンコーナーから足が遠のくのでおすすめ。

オメガ3とオメガ6の理想的な比率は4対1ぐらいだが現代日本では50対1にも

必須脂肪酸であるオメガ3とオメガ6。オメガ3オイルが1に対し、オメガ6オイルが1〜4という比率でとるのが理想的。しかし現代日本の食生活では10対1からヘタすると50対1ぐらいになっているそうで。

ぼくは魚がきらいで昔はほとんど食べてなかったので、確かに6と3が50対1ぐらいになってたかもしれない。オメガ3オイルは、それほど現代日本の食生活ではとりにくいから、意識してオメガ6オイルを減らし、オメガ3オイルを増やしたい。

オメガ3が足りないとどうなるの? ガンや炎症や心臓病のリスクが高まります

そんなに大事なオメガ3オイル。足りないと、どうなるのか。

炎症が起こる。炎症つまり老化だ。

アレルギーもひどくなる。

以前のぼくは、アレルギー体質がひどかった。年中鼻がつまり、蕁麻疹体質。今でもアレルギー気味ではあるんだが、オメガ3と6の比率を意識して以来、随分と軽くなった。

本書によれば、がん、アレルギー、動脈硬化、心臓病、糖尿病、関節炎などをオメガ3で防止できるそうで、逆に足りなければそれらのリスクが高まるということになる。

最新の研究では「植物性オメガ3」は抗炎症の効果なし

本書では、オメガ3が豊富に含まれる「フラックスオイル」を推薦している。亜麻仁油のこと。

しかし、最新の研究だと、植物性のオメガ3オイルは体内での変換効率が悪く、抗炎症効果が期待できないのだとか。

亜麻仁オイルに抗炎症効果はない?EPA/DHAとの違い【オメガ3脂肪酸】|ビタミンアカデミー

αリノレン酸でアレルギーと老化がストップ!って本当?|パレオな男

▲この2本の記事(外部リンク)が参考になる。

しかしながら、本書で触れているように、フラックスオイルには「リグナン」というポリフェノールの一種が豊富で、抗がん作用がある。

その他にもエネルギーに変換されやすいという特徴もあるようだ。

オメガ3目的としては適さないが、良い油であることは確かなので、ケトジェニックダイエットで油を増やすなら、メニューに加えてもいいのではないかな。

フラックスオイルがダメならどうやってオメガ3を増やせばいいの?

本書では良い油と悪い油を論じる。

悪い油はトランス脂肪で、良い油はオメガ3オイルだ。

しかし、前出のように、オメガ3をとるために本書が推薦しているフラックスオイルは、最新の研究ではオメガ3オイルのプラスには期待できないよ、と。

じゃあどうやってオメガ3を増やすんだよということなんだが、結局のところ、魚食べるのがいちばんのようで。

あとは、グラスフェッドバター(牧草を餌としている牛の牛乳で作ったバター)もオメガ3が豊富なので、完全無欠コーヒー、あるいはバターコーヒーでプラスしていきたい。

[clink url=”http://blog.ryouzan.com/bulletproof-coffee/”]

【関連記事】完全無欠コーヒー(バターコーヒー)を作るためグラスフェッドバターを買ってみた|ここはまかせろ先に行け

まとめると、

  1. トランス脂肪はヤバいので全力で避ける
  2. オメガ6を減らし、オメガ3を増やす
  3. オメガ3は魚からとるのがいちばん。グラスフェッドバターもまあまあいいかも

というところか。

アレルギー体質をいっそう改善するため、地道にこられを継続していきたい。

おしまい。