iPad Pro とATOKで最速の日本語入力に挑戦する

iPhoneやアンドロイドスマホ、iPadで、最も効率よく日本語入力できるのは、ATOKのフラワータッチではないか。

iPad Pro 10.5にもATOKをインストールして使いはじめたので、効率のいい入力方法や気づいたことなどをまとめておきたい。

ATOKフラワータッチの爆速入力のようすを動画で見てみる

▲これがATOKのフラワータッチ。

▲メーカー公式の、フラワータッチの入力例。エラい速さだな。。39秒というあっという間の動画なのでぜひ見てみよう。

iOS標準の日本語入力では上下左右4方向のフリックですが、フラワータッチでは上下左右に加え、左斜め上、右斜め上を加えた6方向へのフリックとなる。

フラワータッチの利点は、以下のとおり。

  • 濁音や半濁音が一筆書きで入力できる
  • カーソルキーで左右へのカーソル移動がラク
  • 削除キーで一素早く一行削除ができる
  • 確定した後に確定前に戻すことができる

これらにより、iOS標準日本語入力よりも、速く日本語を入力できる。それぞれ、詳しく見ていこう。

ATOKなら濁音や半濁音が一筆書きで入力できる

▲フラワータッチで濁音を入力する場合、下にフリックし、そのまま目的の字までフリックすることで、濁音を入力することができる。

あ行の濁音(が、ざ、など)なら、下にフリックするだけで入力できる。た行の場合は、下にフリックすると「っ」が出てくる。

▲半濁音は、下にフリックし、上に戻して、また下にフリックして目的の音へ。「ぱ」は、下上下で入力することもできる。

それから、通常の音の入力のコツも、まとめておこう。

▲フラワータッチの弱点は、ななめの入力。正確に入力しないと、「か」と「き」や「け」と「こ」の誤入力が頻発する。

これを防ぐには、いきなり速く入力しようとせず、しっかりと正確にフリックすること。

また、斜め下には入力項目が無いため、水平方向のフリックは、少し斜め下にするといい。斜め上のフリックと、しっかり角度の違いを意識することで、誤入力はかなり防げる。

ATOKならカーソルキーで左右へのカーソル移動がラク

▲ATOKにはカーソルキーがある。右カーソルしかないが、左フリックすることで左カーソルキーになるので、カーソル移動はずいぶんとラクになる。

ATOKなら削除キーで一素早く一行削除ができる

▲今書いた一行を丸ごと削除したい、ということはよくあるだろう。

削除キーをタップすれば一文字ずつ消えていくが、左フリックすればその行の文頭まで全削除することができる。

文頭にカーソルがある場合は、削除キーを上フリックで文末まで全削除することができる。

ATOKなら確定した後に確定前に戻すことができる

▲変換を確定した後に誤変換に気づく、ということもよくあることだ。

そんなときは、キーボード左上の逆トグルキーをタップ。直前の変換を確定前に戻してくれる。

iPadにおけるATOKのおすすめ設定

▲iPad でのATOKのおすすめの設定は、「設定>一般>キーボード」から、ATOK以外のキーボードを削除してしまうこと。

▲さらに、ATOKでつかうキーボードも、必要最小限にしておく。

英数字用にQWERTYと、日本語用のテンキーで十分だろう。

▲悩ましいのが、カーソル位置に入力中の文字を表示するかどうか。

カーソル位置に入力中の文字が表示されても、変換候補はテンキーの上に表示されるため、視点の移動が長くなる。なので、この機能をオンにしてもそれほど利点はないように感じ、今はオフにしている。

画面の大きなタブレット用に、UIをさらに練りこんで欲しいところだ。

▲UIといえば、テンキーの左にこれだけ広大なデッドスペースができるのもムダだ。

たとえば、変換候補をテンキーの左に表示し、すぐ上にカーソル位置を表示するようなUIだと、ずいぶんと効率的になるはず。

フラワータッチ以外にもあるATOKの利点

ATOKの利点はフラワータッチだけではない。

最大の特長が、ATOK Syncだ。

▲クラウド経由で、異なるOSを含む複数の端末で、日本語変換の辞書を同期できる機能。

Mac、Windows、アンドロイド、iOSで、同じ日本語変換の辞書をつかえるわけだ。

ぼくが今つかっている日本語変換辞書は、10年ほど前からWindowsでつかいだしたもので、その後、ATOK Syncを経て各OSに同期している。

MacとiOS間だけでよいなら、atokをつかわずとも、iCloudで同じようなことができる。

また、macOS標準の日本語変換も賢くなったと聞いたので、昨年ATOKからmacOS標準に乗りかえたのだが、なぜか日本語変換がATOKより不安定。iCloudも全然同期してくれず、半月ほどガマンしても慣れることができず、ATOKにもどってきた。

そんなわけで、iPad Pro 10.5単体で、爆速日本語入力を会得すべく、精進したい。

▲けっこう高価なアプリですが、MacやWindowsでATOKをつかっているならその価値はあるはず。

月額課金のATOK PassportにiOS版も入れてくれよ、とは思うんだが。

▲iPad Pro 10.5。快適すぎてなにもいうことはない。

▲最安値クラスだが、必要最小限のシェルケースならこれで十分だ。

▲フィルム、と表記してるけどガラス。安いが高精度で文句なし。

おしまい。