iPhoneアプリ「カロミル」で手軽にカロリーとタンパク質を管理する

嫁さんとメシ食べてて、

「そのうちスマホが勝手に食事のカロリーとかPFCを計算してダイエットをサポートしてくれるんだろうね」

という話に(PFCとは「タンパク質」「脂質」「炭水化物」の三大栄養素)。

もうそういうのあるんじゃない? とApp Storeを探してみた。

「カロミル」というアプリ、AIが食事の写真を解析して自動的にカロリーなどを集計してくれるそうで、それはすごいなということでインストールしてみた。

カロミル - ダイエット・糖質などの栄養管理
ヘルスケア/フィットネス, フード/ドリンク無料

カロミルのAIは「全粒粉パスタ」の写真を識別できるのか

▲カロミルのトップ画面。

カロミルは食事を記録して、そのカロリーと栄養を集計してくれるアプリ。

目標体重は75kgとした。あと7.7kg……

摂取カロリーの上限を設定しておけば、あといくら食べられるかわかって便利。

また、PFCの三大栄養素のうち、特にタンパク質は大事なので、摂取量は設定しておきたい。

ぼくは筋トレが趣味でゴリゴリボディを目指してて、志を高く200グラム/日のタンパク質をとろうとしてる。

年取るとどんどん筋肉が落ちやすくなるんだけど、タンパク質の摂取量を増やせばちょっとは抵抗できるので。

しかし200グラム/日のタンパク質はけっこうキツい。やだわオッサンになるといろいろ……

▲で、AIによる食事写真の自動解析はどうか。

ポピュラーなメニューだとそれなりに精度は高い。

このスクショだと「ミートソースパスタ」は正解。

でもこれ「全粒粉パスタ」なんですけど! そこまではわからなかったか。

筋トレしてるトレーニーは食べてるものがけっこう特殊なのか、プロテインとかふかし芋とかも、AIにはまだ難易度が高いようで。

▲「パンケーキ」は正解なんだが、プロテインとアップルファイバーの低糖質パンケーキなので、フツーのパンケーキとは栄養価はまったく異なる。

まあ、そういった特殊メニューは自分で登録してけばいい。

外食メニューは豊富にある しかし外食でダイエットできるのかという話

▲外食のメニューは豊富に登録されていて、検索すればだいたいヒットするんじゃないか。

▲数値を知れば外食でダイエットするのは不可能なことがわかる。牛丼恐ろしい。

▲「大戸屋」などチェーン名でも検索できる。

いろいろな外食を検索してみたが、やはり外食中心でいいカラダになるのは困難だ。

検索してもない食事はMyメニューに登録しよう

▲いっぽう単純な食材の登録数はまだ少ない印象。

「全粒粉パスタ」とか「玉ねぎ」とかはなかったので登録した。

「低糖質パンケーキ」みたいな特殊メニューは、面倒だが栄養を調べて登録するしかない。

「プロテイン」は登録されているが、銘柄によってタンパク質や糖質の含有量がけっこう違うから、そこにこだわるならポチポチ登録しよう。

カロミルはどこで収益を上げているのか気になるんですけど

▲カロミルは体重とカロリーのグラフを表示したり、いろいろできる。

iOSの「ヘルスケア」と連携すれば、過去の体重もカロミルに取り込める。

気に入ったので、食事管理にカロミルを使っていきたいが、気になるのがこのアプリどこで収益を上げているのか?

▲広告は出ない。今のところ有料なのは食事の分析依頼ぐらい。それも月間10回まではフリーなので、そんなに儲かるものではないはず。

▲分析依頼チケットの料金はこの程度だし。

食事写真の解析結果に「只今、無料でご使用いただける期間です」と表示されるので、そのうちに有料会員だけつかえる機能が出てくるんだろうか。

ダイエットはカロリー収支とタンパク質で決まる

これまで、食事のカロリーと栄養管理はエクセルでやってたが、カロミルに乗りかえた。

筋トレオジさんの特殊な食事メニューは「Myメニュー」にボチボチ登録する。

そして今夏は75kgまで減量し、ビシッと腹筋を割りたいと思います。

カロミル - ダイエット・糖質などの栄養管理
ヘルスケア/フィットネス, フード/ドリンク無料

おしまい