文房具

オレンズとクルトガアドハンスの筆跡を比べ、クルトガと赤芯でトガり続ける赤鉛筆を作る

シャーペンはオレンズ0.2のメタルグリップをつかっています。細い字を書ける、ということではクルトガも気になるので、最新モデルのクルトガアドバンスを買ってきました。

早速、筆跡を比べてみましょう。

クルトガアドバンス、オレンズ0.2、グラフギア1000のペン先を拡大してみる

▲筆跡を比較したシャーペンです。

左から、グラフギア1000。クルトガアドバンス。オレンズ0.2メタルグリップです。オレンズ以外は芯の太さは0.5mmです。

それぞれ、ペン先を拡大してみましょう。

▲グラフギア1000。もう10年近くつかっているシャーペンです。

昨今流行りの芯折れ防止機能などはありませんが、なぜか芯はほとんど折れません。精度が高く、歪みが少ないからでしょうか。

▲オレンズアドバンス。書くたびに芯が回転し、片減りを防ぎ、常に芯の角で書けるので、筆跡が細くなるというシャーペンです。

このアドバンスは、従来のモデルから芯の回転が2倍速となったもの。また、先端にオレンズと同様のスライドパイプを搭載し、芯を出さなくても書けるようになり、芯折れを防いでいます。

とはいえ、0.5mmの芯を保護するパイプは太く、オレンズと比べると多少書きにくいため、ぼくは写真のように少し芯を出して書いています。クルトガは、芯の回転機構のため、ペン先に揺れというか、クッション性があるのですが、それが筆圧を逃がしてくれるのか、芯を出して書いてもほぼ折れません。

▲オレンズ0.2mmメタルグリップです。

今、いちばんお気に入りのシャーペンです。0.2mmという極細の芯をつかうため、買った当初は、芯が折れまくるんじゃないか、デリケートであつかいにくいんじゃないか、という心配がありましたが、まったくそんなことはありません。

いつでも細く鋭い線を書けて、とても快適です。正しくつかっていれば、芯折れもありません。

ペンとしてのデザインも優れています。クルトガは回転機構が見えるようになっていますが、これが邪魔で、集中力を削がれます。オレンズメタルグリップは、シンプルなデザインで、筆記を妨げません。

グリップも秀逸で、軽く握るだけでしっかりと指が止まり、長時間でも痛くなりません。軽いグリップと、細いペン先があいまって、筆圧も自然に軽くなります。長時間筆記しても、他のシャーペンより疲れが少ないようです。

ほめすぎですが、事実を書きました。オレンズネロが楽しみでしかたがないのですが、どこ行っても売ってないですね。

筆跡は当然オレンズ0.2mmがいちばん細いがクルトガも検討している

▲書いてみました。紙は、ノックスブレインのバイブルサイズリフィル、5mm方眼です。

上からクルトガアドバンス、オレンズ、グラフギアです。一目瞭然でオレンズがいちばん細いです。

0.5mm芯でこの筆跡を実現したクルトガもすごいですが、回転機構のために書き心地に独特のクセがあります。ペン先の太さとあいまって、このような細かな字を書くには向いていませんね。

オレンズアドバンスと赤芯で「とがり続けて消しゴムで消せる赤鉛筆」を作る

オレンズを買ったのは、赤芯をつかいたかったから。

▲自動的にとがりつづける赤鉛筆のできあがり。

ノートにタスクを書き出し、終わったタスクは赤ボールペンで消し込んでいるのですが、昨今のヌラヌラ系のボールペンだと赤色が強すぎて、シャーペンの筆記が目立たないのです。

油性ボールペンはかすれるし書き心地があまり好きではない。

赤鉛筆は、芯が柔らかく,筆跡が太すぎるので、メモには不向きです。

クルトガと赤芯なら、細かい筆記ができる赤鉛筆となるのでは、という考え。

さっそく書いてみましょう。

▲黒のHBよりも固い書き心地です。色もかなり薄め。

しかし、0.2mmの筆跡と混在させるならこれぐらいがいいのかな。

▲やはり発色は薄め。しかしもうひとつ、赤芯の特長があります。

▲それは、消しゴムで消せること。わずかに赤色が残りますが、実用性には問題ない程度に、普通の消しゴムでほぼ消えてくれます。

ということで、ノートには予定をオレンズの黒で、実績をクルトガの赤で書いていますが、これがかなりいいので、しばらく続けてみましょう。

▲クルトガアドバンス。書いてると、グリップ部の回転体が回転しているのが見えておもしろいのですが、集中力が削がれないですか?

▲赤芯です。クルトガと同じく三菱鉛筆製なので相性いいです。青や緑もあるので、クルトガで色鉛筆を作れますね。

▲オレンズメタルグリップ。現時点で、ぼくには最強のシャーペンです。これなしでは生きていけません。

オレンズネロはよ!

おしまい。

ピックアップ記事

  1. 44歳の中年男が歳が半分の女の子とどうやっておつきあいすることになったか書いてみ…
  2. ブラックひとり社長の仕事術 五つの掟 スマートを否定し泥臭く這いずりまわれ
  3. このブログ「ここはまかせろ先に行け」について
  4. 「すべてはモテるためである」二村 ヒトシ(著)を読んだ 「キモチ悪さ」を消して女…
  5. 肉豆腐の簡単でうまいレシピはこれだ 肉とネギと豆腐としらたきがおりなす小宇宙に酔…

関連記事

  1. 文房具

    トラベラーズノートのつかいかた 日付と通し番号は必ず記入する

    ノートには日付とページ番号を必ず記入しましょう。これをやるかやらないか…

  2. 文房具

    能率手帳ゴールドのつかいかた 週間予定表で行動記録を積み重ねる【2016年版その3】

    2016年の能率手帳ゴールドの使いかたをまとめています。今回は…

  3. 文房具

    新年の決意は実行レベルのタスクまで分解して毎日毎日繰り返さないと意味がない

    あけましておめでとうございます。新年に考えたことを書いてみよう…

  4. 文房具

    トラベラーズノートの革カバー(キャメル)をメンテする

    2017年は手帳とメインのノートをトラベラーズノートにしました。今年ま…

  5. 文房具

    「ラクガキ」が減ったからトラベラーズノートを中断してB5ノートにもどってきた

    昨年末にトラベラーズノートを購入し、気に入っていたのだが、どうしても許…

  6. 文房具

    日経ビジネスアソシエの手帳特集号の2015年11月号を買うと万年筆がついてくる

    2017年6月1日更新もうビジネス系雑誌の手帳特集のシーズンで…

リライトしたのでおすすめ

  1. 我が友へ

    禁酒の方法は「ドラゴンボール」の悟空と「カイジ」の班長が教えてくれた
  2. モノをつかうーその他

    ハゲたらいさぎよく髪を剃ろう 剃るシェーバーはこう選ぶ
  3. 我が友へ

    「食べる」とは他者を「殺す」こと 食べものを捨て続ける現場を20年歩いて思うこと…
  4. 読書メモ

    「世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方 ハーバード、Google、Fac…
  5. マンガを読む

    進撃の巨人22巻を読んだぜ
PAGE TOP