MacBook12インチの持ち運びに最適なケースを検討する

まだ出張用カバンをどれにするか迷いまくっているタムラ@kenkonkennです。

今後、MacBook12インチをいろんな状況で持ち運ぶことになるので、保護用ケースを検討しています。「できるだけケースは付けない派」ですが、一眼レフといっしょにカバンにほうりこんだりするので、さすがにそんなこともいってられません。

本体に装着するタイプから、スリーブケースまで、よさそうなケースをいくつかピックアップしてみました。

URBAN ARMOR GEAR MacBook 12″用ケース

 

▲Amazonより。

URBAN ARMOR GEAR、UAGのMacBookケースです。

米軍採用品の選定基準である「MIL-STD-810G, Method 516.6 Procedure IV」をクリアしているとのこと。

これがどんなもんかというと、公式サイトに記述があります。

落下高さ122cm落下方向26方向(8角、12稜、6面)の製品落下試験をクリアすることと規定された、米軍採用品の選定に用いられるアメリカ国防総省が定めた試験法規格「MIL-STD-810G, Method 516.6 Procedure IV」をクリアしています。

122cmの高さからいろんな方向で落下させても壊れなかったよ、ということでしょうか。

参考になる口コミとしては、スタパ斉藤氏がレビューしています。

UAGのゴツいMacBookケース | ケータイwatch

タフさは期待どおり、取り外しも問題なし、とのこと。

ケースの重量が290gあるので、装着するとMacBook自体がけっこう重くなってしまうのが難点だそうですが、そこは安心感とのトレードオフですね。

MacBook 12インチ用 シェルカバー

▲Amazonより。

UAGのケースはゴツすぎる。ハダカのMacBookに近いフォルムの保護ケースを、というならこの類いで。

このテのケース、実はムカシに使ってたMacBook Pro 13インチに付けてましたが、けっこういいです。カバンにほうりこんだり、そのへんに放り出したりするのにも、ぜんぜん気をつかわずにすみます。

しかし、致命的な問題点として、MacBook がカッコ悪くなります。Appleがギリギリまで削りこみ、シェイプしたMacBookの美しいフォルムを、こんなやっすいプラスチックでつつみこんでいいのか、どうか。

どうしてもつつみこみたいなら、上の写真のようなツヤありクリアでなく、ツヤなしのほうがまだいいかも。

ハンドメイドフェルトケース for MacBook 12インチ

▲Amazonより。

MacBook 本体に装着してしまうケースではなく、こういった、いわゆる「スリーブケース」なら、自宅ではハダカでつかえます。

このテのケースも品質はピンキリなんですが、このケースのメーカー「buzz-house design.」は高品質のノートPC用ケースを作り続けている実績があるので安心ですね。

このケースはMacBook 12インチ専用のサイズで、フェルト製。日本製で、ハンドメイドで作られています。

お値段も、シンプルな封筒型のケースとしては、「ちょっと高いな」と思う5,616円(これ書いてる時点)ですが、そのぶんしっかりした作りなんでしょうな。

Inateck 12インチ インナーケース Apple New MacBook 12

▲Amazonより。

表面はフェルト、内側はフランネル。上の写真はMacBook が半分入った状態で、完全に入れてフタを折り返してベルクロでとめる仕組みです。

これ書いてる時点で1,799円とけっこう安い。レビューも悪くないです。

wraplus for MacBook Retina 12 インチ スキンシール

▲Amazonより。

 

MacBook 表面に貼り付けるスキンシール。

表面のキズを防ぐ以上の保護は期待できないので、ドレスアップだけですね。

いろいろな種類があって、上の写真はブラックカーボンですが、レザーとか、木目もよさそう。

ということで、MacBook12を持ち運ぶための気になるケースを検討してみました。

おしまい。