サバ缶のオメガ3は酸化していないので安心して食べよう オススメのサバ缶と美味い食べかたについて

2017年5月25日更新

オメガ3をとるためにフラックスシードミールをせっせとプロテインに混ぜて飲んでいるが、植物由来のオメガ3は人体でつかわれる効率が悪く、炎症をおさえるアンチエイジング効果は薄いんだとか。

マジかよ! サプリのオメガ3も信用できねーしだったらどうすりゃいいんだよ! となかばキレ気味で調べたところ、結局「魚が最強」だそうで。サバ缶がいちばん手軽かな。

でもサバ缶って加熱してるからオメガ3が酸化してるんじゃないの? という疑問があって、それは以前にもちょっと書いた

しかし、思わぬところからサバ缶のオメガ3は大丈夫だよ、という情報が!

缶詰にしてから煮るからサバ缶のオメガ3は無事なんです

仕事上、食品製造関連の方とのおつきあいが多い。先日、缶詰メーカー関連の中の人から、サバ缶の製造方法をきく機会があった。

生のサバを切って、塩と水とともに缶につめて、加熱するそうな。

オレ
つーことはほとんど酸素が無い状態で加熱するからオメガ3は酸化してないってこと!?
中の人
しないよ酸化するわけないじゃんw

中の人、いい感じにできあがってたので何度も確認しましたが、間違いないようだ。

▲その場で、魚の缶詰の作り方の動画を見せてもらった。これは鮭だけど、確かに生の魚を缶詰にしてから加熱している。

▲しかし、YouTubeの「次の動画」でイワシの缶詰の作り方があって。こっちはフタをする前にしっかりと加熱して煮汁を捨てている。

オレ
イワシはフタする前に加熱してるぜ! サバは大丈夫なんだろうな?(思わずタメ口) 
中の人
だ、大丈夫だよ。鮭とサバは作り方同じだから。  
オレ
そうか。……サバ缶にかけるか……
中の人
なんでこの人こんなに必死なの? 

サバ缶はちょっと高いが脂がのった国産がオススメだ

ということで、オメガ3をとるためにサバ缶を食べていくことにした。

しかし、スーパーの最安値のサバ缶ってうまくないよな。脂が少なくパサパサしてるというか。製造国がタイなど南方の国なので、そのへんで採れるサバは水温が高いため脂がのっていない、と解釈してるんだけど。

脂が少ないということはオメガ3も少ないので、わざわざサバ缶食べる意味がない。やはり、国産のちょっといいサバ缶を食べることにしよう。通販でまとめ買いすれば少しは安くなる。

以下、価格はすべてこれ書いてる時点(2017年4月28日)でのAmazonのもの。

▲キョクヨーのサバ水煮缶です。スーパーでもよく見かける。

Amazonで3,461円の24個入りで一個あたり144.2円。それなりに美味く、値段もまあまあ安い。

▲田原缶詰のサバ水煮缶。3,292円で24個入り。一個あたり137.1円。味と価格のバランスがとれたサバ缶だ。

▲HOKOのサバ水煮缶。4,999円の24個入り。一個あたり208.2円。

高級品。そのぶん、脂ののりがよく、美味い。このあたりになってくると、味噌汁にせずとも、そのままで、あるいは大根おろしなんかのっけてちょっとポン酢たらすだけでうまいおかずになる。

▲伊藤食品のサバ水煮缶。4,550円で24個入り。一個あたり189.5円。これも美味い。

味噌汁もいいし、そのまま箸でつまむのもいい。

▲伊藤食品のサバ缶。こちらは食塩不使用。3,565円で24個入り。一個あたり148.5円。

実はこれはまだ食べたことがない。食塩が入っていないのがすばらしい。サバ缶では実績ある伊藤食品なので、うまくないはずがない。なぜか安くなっているし、これ買ってみよう。

伊藤食品の食塩不使用サバ水煮缶を食べてみる

▲早速届いた。

▲食塩不使用。塩が入ってると、うまくて食べ過ぎてしまう。

▲24個入り。毎日忘れずにスーパーでサバ缶を買う、というタスクから24日間は逃れることができる。

▲塩味がついていないサバ缶ははじめて。

▲開けてみましょう。たっぷり脂が浮いている。オメガ3!

▲器に盛ってみた。

▲柔らかいが、しっかりしたサバの身。骨までまるごといただける。

そのまま食べてみよう。

塩が入っていないので、当然味気ないですが、しっかりしたサバのうま味が舌にひろがる。

▲大根おろしとともに。

▲大根おろしをたっぷり乗せ、ポン酢醤油をたらしてひと口。

サバのうまさが引き立つ。サバってこんなにうまかったんだな。

これだけで、ごはんのおかずとして十分だ。

サバ缶味噌汁をうまくするコツ

大根おろしで食べるサバ缶もうまいが、味噌汁にするとまたサバのうまさに奥行きが出る。レシピはまたそのうち別途書くが、コツをまとめておこう。

まず、缶詰の煮汁もすべてつかうこと。煮汁にはオメガ3がたっぷりと溶けだしている。

次に、野菜などを煮たあとに、火を止めてからサバ缶と味噌を入れよう。グラグラ煮るとオメガ3が壊れるし、サバの風味もなくなる。味噌も火を止めてからのほうがいいよ。

そして、よい味噌をつかうこと。スーパーの棚にはいろいろな味噌が並んでおり、かなりの価格差がある。いちど、いちばん高い味噌をつかってみよう。

高いといっても数百円の差。よい味噌は少量で味噌汁がうまくなるので、味噌をつかう量も減るし、劇的に味噌汁がうまくなる。

▲こんなんとか、

▲こういった味噌。

毎日の味噌汁が、それはもう美味くなるので、費用対効果はとても高い。

おしまい。