B5ノートで頭の中を整理する タスク管理がうまくいく アイデアも湧いてくる

A3の用紙一枚に思考をまとめる「A3ノート」をつかっているのだが紙が大きすぎるという欠点が。

どこても気軽にノートをつかいたいので、B5ノートを併用しはじめた。

現場でのメモのためにB5ノートをつかってみたら

img_2354

A3ノート術はとてもいいノート術。

【関連記事】A3ノート術に便利な道具まとめ これでどこでもA3ノート

しかし、現場を歩きながらメモをとる、というとことにはつかえない。そんなときは能率手帳ゴールドにはりつけたポストイットに書いているが、スペースがせますぎて、あとで見返すとなにを書いてるかわからないことがある。

しかたないので応急的にB5ノートをつかいはじめたら、これがけっこういい。メインのノートがB5になってしまった。

机に座って書くときはA3がいいんだけど、外出時にカバンに入れるのはB5ノートに。

コクヨのキャンパスB5のA罫40枚が最高だ

img_2355

▲つかっているノートはコクヨのキャンパスB5のA罫40枚。

30枚だと薄すぎ。40枚を超えると厚く重くなる。

40枚が絶妙。

現場歩くときはお客さんと話しながら、こうやって丸めてたり。ノーブルノートなど一冊1000円程度の高級ノートもつかいたくてウズウズするが、実用性とコストからやっぱりコクヨ。

img_2356

▲B5は絶妙な大きさ。

見開きにするとB4というけっこう大きなスペースに。コクヨのキャンパスノートは無線綴じの品質もよく、高級ノートの売りである糸かがり製本でなくとも十分に開きがいい。

折り返せば立ちながらでも書くことができる。

B5ノートのつかい方「情報は一冊の未来スマートノートにまとめなさい」的な

img_2358mo

▲B5ノートのつかいかたは、下記の3冊のノート本がベース。

『未来ノート』で道は開ける! ノートを書くことに膨大な時間を投入してもいいんだよ

▲いいノート本。

著者の初期のノートはごく普通のノート。一日2時間をノートを書くことに投資し続け、現在のノートは普通じゃなくなった。

ノートの進化と、著者の事業の成長がシンクロしているよう。オレもノート書こう! という気になる。継続最強。

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版] 難しいことは抜きにして一冊にまとめたら

▲難しいから知的生産は続かない。ならば「分類」を捨てて、ただ一冊を時系列にそって簡単にノートをつくろう、という本。大ヒットした。

しかし魅力的なノートがあふれる現代日本では、一冊を使いつづけることさえ難しい。今回のノートは継続したい。

あなたを天才にするスマートノート おもしろい人になることを目指すノート術

▲ノートを見開きでつかい、右ページから書き込む、というスマートノート。

多くのノート術の本が「自己管理によって成功する」という趣旨であることに異を唱える。現代日本では成功なんかもうムリっぽいんだから、と。

成功ではなく、おもしろい人になろう。という提案。そのためのノート術。

今や、おもしろいことをすればマネタイズできる時代。そこから成功に向かうというルートもある。

書くことでアイデアを育てる、ということに興味があるならおすすめ。

オレのノート術の3つのルール

時系列でなんでも書く

img_2360mo

▲ノートになにを書くか。

「情報は一冊に〜」的に、まずは時系列でなんでも書く。レシートも、会社の経費でないものはこっちに貼る。お客さんとの打ち合わせも書く。なんか頭にひらめいたらとりあえず書く。発生したタスクもどんどん書く。

「未来ノート」ほど完璧なタスク管理はできていないが、まあなんとか致命的なミスがないぐらいにはやってる。

アイデアをふくらませるときはスマートノートで見開きをつかう

1つのテーマをふくらませたいときは、見開きをつかってスマートノートを書く。ぜんぜんふくらまず、見開きが真っ白なこともよくあるが気にしない。なんでもなぐり書き。

見開きの右を記入すると、なんだか左も記入したくなり、書いてるうちに意図したこととはぜんぜん別のことを書いていることもあるが、それはそれでいい。

ページ数と日付とインデックスを必ず記入する

img_2361mo

▲ページ数、日付は必ず書く。

ページ数は、ノートが新しくなってもゼロには戻さず、通しで記入。たまに、同居中の彼女が落書きしていく。

img_2362mo

▲ノート巻末にはインデックスを作る。これが便利で便利でもうやめられない。

書きっぱなしにせず、日付とページ数を記入して、ときおり見返してインデックスを作れば、ノートはとても役に立つ道具となる。

インデックスを作っているうちにアイデアがわき、また新たなノートを書き、インデックスが増えていく、ということがよくある。過去の自分が考えたことを見返すことが、どれほど大事なのか。これで、頭の中はずいぶんとすっきりする。

使い終わったノートは合冊して保管する

img_2363

▲40枚のノートだと一冊当たりの情報量がそれほどではなく、見返しや整理が煩雑になる。あっちいったりこっちいったり。

持ち歩くときは薄いほうがいいが、保管するときは厚いほうがいい。合冊してみた。

img_2364

▲表紙を切り取り、糊で貼り付け、ステープラーで補強するだけ。

40枚を3冊合体すると120枚に。けっこうなボリューム。

写真の左側のノートは無印の中綴じ。これはたまたまコンビニで買った一冊。中綴じは好みでなく、以後はコクヨの無線綴じへ。

Evernoteよりも紙のノートに情報をまとめてしまうのはなぜか

Evernoteと紙のノートは本来は対比するものではないんだけど。

紙のノートをつかいはじめて、Evernoteの出番が一気に減ったのも事実。Evernoteの値上げにともない、解約の方向で検討していることも影響してる。

Evernoteを使いこなすということに、なんども挑戦してみたが、なんだかうまくいかなかった。

なぜか。Evernoteは、つかっていておもしろくない。だからもう、何年もEvernoteのノートブックはぐちゃぐちゃなまま。

紙のノートは書いていておもしろい。なにかがひらめく、アイデアが降ってわいてくる、ということはキーボードたたいているよりも確実に多い。貧弱なアイデアをふくらませてなんとかかたちにする、ということもやりやすい。

作ったノートの見返しも、Evernoteではほとんどやらない。必要にかられて検索して見返す、ということはやっても、なんとなく興味をもって過去の自分の思考をのぞいてみる、ということは、なぜかEvernoteではあまりしない。

紙のノートだと、過去を見返すのはおもしろくて、ついついやってしまうんだが。

ひらきなおって紙のノートをつかいたおしてみよう

ということで、必要にかられてB5ノートをつかいはじめたらなんだか具合がよく、頭がすっきりしてアイデアもわきやすくなったよ、と。

Evernoteはつかいこなせなかった。IT全盛の時代ではあるが、ひらきなおって紙のノートをつかいたおしていきたい。

おしまい