酒をやめるにはどうすればいいのか 酒やタバコに依存し続けると一生でいくらかかるのか計算してみる

酒をやめたい! ここ一カ月近くは、かなり酒量が減りましたが、週に一度程度は飲んでおり、またいつ毎日飲む生活に逆戻りするかはわかりません。だったら、すっぱりとやめることができないかな。

禁煙できたオレとできなかった友人の違いとは?

ぼくは昔、タバコを吸っていましたが、やめることができて、それ以来は一本も吸っていません。同時に禁煙した友人が2人いましたが、このまえその2人と食事したら2人とも吸うようになっていて、ちょっとショックでした。

2人とも、数年はタバコをやめていた期間もあったのですが、たまには吸っていたそうな。数年、やめることができても、数年ぶりに吸ってしまうと、いつかまた、毎日一箱消費するようになってしまうのです。

では、ぼくはなぜ禁煙しようと決意して以来、一本も吸わないでいれたのでしょうか。吸わない日々を積み重ねれば積み重ねるほど、吸ってしまうとそれがゼロになるのが怖かったのです。だから、今でも絶対にタバコは吸いません。

禁酒もそのレベルまで高めることができればいいのですが、いきなりは無理です。では、そもそも、なぜ禁煙を決意したのかを思い起こしてみましょう。そこに禁酒できるヒントがあるかもしれません。

タバコの値上げと禁煙の経済的効果

禁煙を決意した理由はいくつかありますが、その一つは経済的な理由です。タバコを吸い続けるということは、お金を払いつづけるということ。この先も、ずっと毎日毎日タバコを買い続けるの? と考えたことが、禁煙のきっかけでした。

禁煙するまでにタバコに支払った金額を計算してみましょう。ぼくは1991年からタバコを吸いはじめました。銘柄はいろいろと変えましたが、ここでは計算をシンプルにするためセブンスターの価格で、消費量は1日1箱で計算します。

1991〜1996年 1箱220円 220円×365日×6年 481,800円

1997〜1998年 1箱230円 230円×365日×2年 167,900円

1999〜2003年 1箱250円 250円×365日×4.5年 410,625円

2003年7月から、280円に値上げされるとのことで、禁煙しました。合計13年、タバコを吸い続け、費やしたお金は1,060,325円となりました。値上げのタイミングは年の途中なので正確な数字ではありませんが、ざっくりでこんなものでしょう。

次に、もしその後も吸い続けていたらどれだけかかっていたかを試算してみましょう。

2003〜2005年 1箱280円 280円×365日×2.5年 255,500円

2006〜2010年 1箱300円 300円×365日×5年 547,500円

2011〜2015年 1箱440円 440円×365日×5年 803,000円

昨年までで、合計1,606,000円をタバコに費やしていたこととなります。

さらに、この先30年を吸い続けるとどうなるかも試算してみます。

2016〜2046年 1箱440円 440円×365日×30年 4,818,000円

長期的に、タバコは増税で値上がり続けるでしょうから、この金額ではおさまらないでしょう。仮に1.5倍してみると7,227,000円となります。

20歳以降、タバコを吸い続けたとすると、支払った金額は1,000万円近くなります。とほうもない金額ですね。

禁煙できてよかった。

では、酒にはいくらかかるのか?

では、酒を飲み続けるといくらかかるのか、試算してみましょう。

ぼくの飲み方は、最初に120円程度の缶入りの酒を飲み、その後ウイスキーに移行する、というものです。

ウイスキーは、一瓶1,500円を5日で消費するとして1日に300円。缶入りとの合計で420円。肴に300円(300円ではすみませんが)で720円/日となります。もう、この時点で「こんなにかかっているの?」と驚きですが(笑

720円×365日で、年間の酒代は262,800円! 月間では21,900円です。そういえば、酒を減らしてから、たしかにこのぐらいは食費が減っていますね。この金額は自宅での酒にかかる金額ですから、外食を含めるともっと増えるでしょう。

酒はたしかに人生の楽しみの一つだが

ここで疑問がわいてきます。酒もタバコも断って、それで人生楽しいのか? と。たしかに、休日にじっくりとうまい酒を飲むのは、とてもよいものです。しかし、酒よりも楽しいことが、人生にあるはずなのです。

問題は、酒を飲むことが日常化すると、その楽しいことをするための時間がなくなる、ということです。また、おそらくは、身体を痛めて、寿命が短くなります。人生そのものが、短くなるのです。そうまでして、酒を飲むのか?

このテーマは、もっと考えてみたくなりますね。

関連図書 アレン・カーのセラピーシリーズ