早春の小田原城から海までぶらぶら歩いた【写真日記201803】

小田原で仕事あり。

「もう桜咲いてるかも」と話してたら、嫁もいっしょに行く、と。

▲嫁

顔を小さくする大手術後、腫れは少し引いてきたものの、まだ赤ちゃん。

完全体までまだしばらく。

小田原駅前の行列ができる魚料理屋「サカナ キュイジーヌ RYO」のまかない丼がうまい

午前にひと仕事完了。小田原駅で嫁と合流。

▲腹を空かせた二人はGoogleに導かれ「サカナ キュイジーヌ RYO」へ。

入ったあとに行列ができはじめた。

いいタイミングだった。

▲名物のまかない丼。うますぎてウットリ。

最近はスーパーの半額見切り品の刺身ばかりだったが、久しぶりのうまい魚にHPが回復した。

小田原城の桜はまだ見ごろではなく

▲歴史ある商店街を抜けると唐突に堀。そこはもう小田原城。

▲まだ桜は見ごろではなく。来週か。

▲小田原城の攻め方を検討するオレ。嫁撮影

▲上まで登ると、いきなり猿小屋(右下のやつ)が。謎の小田原城。

▲小田原城内の神社にて。

▲もっといい表情の写真もあったけど、背後に写ったおばちゃんが今にも入れ歯外れそうな顔してたのでNG。

かまぼこ通りを抜けて西湘バイパスをくぐって海岸へ

小田原城を後に。海岸に行こう。

▲建設がストップして久しいらしい家屋。なにがあったのか。

▲小田原城から10分強で海。海はいい。HPが回復する。

▲西湘バイパスの強度を試す嫁。

▲手ごろな棒を拾い、テンションが上がる嫁。

「マイ アームズ……ブツブツ……」とかずっとつぶやいてた。

▲武器があるとポーズが決まる。この人たぶん、乙女成分少なめ、少年成分多め。トランスフォーマーとか好きだし。

▲ちょっといい感じの表情なんだけど、

▲これずっと武器を手にして夢中で砂をグリグリしてるところですからね。

▲西湘バイパスの仕組みを解明中のオレ。嫁撮影

▲ウム。だいたいわかった。

▲なんだか話し込んでいる二人のおばあさま。山へと続く道。

雨雲が近い。

雨に降られて小田原港へ

ブラブラと小田原港を目指す。雨が強くなってきたので、α7IIちゃんはバッグへ。

α7II、ソニーによれば「防塵・防滴に配慮」ということで、ちょっとした雨なら大丈夫なはずだが、買ったばかりだし。

そのうち平気で雨でもつかうようになる。

▲しかし、カメラをしまったとたんにこういうカッコいい建造物と出くわす。iPhoneで撮った。

家主が自在にカスタムしまくった家屋。

小田原港に到着すると、うまそうな海産物を食わせる店が並ぶ。

腹は減っていなかったので早川駅から撤収。

▲α7IIIが出たからこそ安くなったα7IIがねらい目

▲ストラップは屋内ではジャマなのですぐに取り外せるピークデザインが便利

おしまい