海外のプロテインバーを食べる Questbarアップルパイの巻

海外のプロテインバーを食べるシリーズ第3回。

[clink url=”http://blog.ryouzan.com/protein-bar-1/”]

[clink url=”http://blog.ryouzan.com/protein-bar-2/”]

今までチョコでコーティングしたプロテインバーばかりだったので、今回はアップルパイ味で。

これがQuestbarアップルパイ味だ

IMG_1880

▲一箱に12本入り。今まででいちばんまともな箱

IMG_1881

▲箱の裏側。このプロテインバーを材料にしたスイーツのレシピ

IMG_1882

▲あけてみた

IMG_1883

▲包装の写真のアップルパイがまたうまそう

IMG_1884

▲60グラム。Doctor’s CarbRite Diet Barsが56.7g、Atkins ダークチョコレートデカダンスバーが44gなので、今のところ最大

Questbarアップルパイ味を食べてみる

IMG_1887

▲包装オープン

今までのプロテインバーは異常に袋があけにくかったんだけど、こいつは日本製のごとくスパッと袋を裂いてあけることができた。さすが高級品。

アルミ蒸着フィルムというのは、海外の食品では珍しいかも

IMG_1886

▲海外製なので、強烈にシナモンが香るのでは、という恐れがあったが、そうでもない

開封時から少しひび割れがあるが、ポロポロと崩れてくるようなことはない

IMG_1888

▲かじってみた

口にした瞬間から強い甘さが口腔に突き刺さる。他のプロテインバー同様、ネットリ感はあるものの、それは弱く、サクサクした歯触りもある。

りんごの風味と、適度なシナモンの香り、ちょっとウェットなクッキー感が合わさり、たしかにアップルパイ的ななにかを食べているような

Questbarアップルパイ味のスペックと評価

IMG_1885

価格

購入時の価格は3257円。12本入りなので、一本あたり約271円となる。高い!

重量

60グラム。

カロリー

190kcal。

たんぱく質

20グラム。含有率は33%。

炭水化物

23グラム。含有率は38%。

脂質

7グラム。含有率11%。

Questbarアップルパイ味の評価

高いだけあってうまい。

甘みが強いが、それだけでなく、りんごの風味とシナモンの香りで複雑な味わいとなっており、なかなかいける。

プロテインバー特有のネットリ感が弱く、クッキー感あり。そこもパイ的な風味に寄与しているのか。

包装がアルミ蒸着であけやすいのもポイントが高い。というか他のプロテインバーは素手であけることが不可能だった。あれアメリカ人はどうしてるの? 素手であけれるならパワーすごいよ?

Questbarアップルパイは一本役271円と高いのが難点。プロテインバーってそんなにしょっちゅう食べるものではないので、どうせ食べるなら、少し高くてもうまいほうがいいかも。

▲Questbarの他の味も試したい

おしまい