SEALのトラベルボストンバッグMサイズを買った

出張用バッグをどれにするか悩んでいましたが、やっと買いました。

次期出張用カバンにタイヤチューブと自衛隊帆布でできたタフなボストンを検討してみる | ここはまかせろ先に行け

タイヤチューブと帆布でできた「SEALトラベルボストンバッグMサイズ」です。

SEALトラベルボストンバッグMサイズを開封する

▲きました。ハンドメイドインジャパン。

▲楽天のレビューでは「重い」という声もありましたが、けっこう軽いんじゃないか。

▲底面はタイヤチューブ、上部は帆布。ハンドルは皮革です。

▲SEALのバッグ名物、タイヤのプリントです。といっても、底部にイエローのラインがちょっとだけ。

▲帆布に腰があるというか、けっこうカタいので、なにも入れなくても自立します。

▲持ってみると、思ったより小さいかな、という印象。

▲開口部はガバッと空きます。内装は迷彩です。

SEALトラベルボストンバッグMサイズの細部を確認する

▲ジッパーの引き手もタイヤチューブです。

▲この引き手、そのうちちぎれそうな。

▲自衛隊の船舶やテントの帆布も作っているという、森野帆布の証。

▲SEALのロゴはメタルプレートです。

▲付属品です。ストラップとTSAロック。

▲ストラップの肩当ても、凝った作りです。

▲これもタイヤチューブでできてます。

▲ここにもブルーラインが。

▲ストラップを装着してみました。

▲ストラップ装着状態。

SEALトラベルボストンバッグMサイズにMacBookを入れてみる

▲では、MacBookを入れてみましょう。左がMacBook12(2016)、右がMacBook Pro Retina15(2014)です。

▲MacBook12から。これだけでかいバッグなので、余裕で入るわけですが。

▲タテでも入りますが、高さがギリギリです。

▲一眼レフも同時に。なんらかのケースが必要ですね。

▲MacBook Pro Retina15です。一応、底面にそのまま置くこともできます。

▲こんな感じでおさまります。

あんまりこれもって出張したくないけど。

タイトル

▲これまで酷使したパスファインダーと。

タイヤチューブをリサイクルしたSEALのバッグ、前から興味あったんですが、入手できてよかったです。

ぼくはリサイクル関連の仕事もしているのでよくわかるのですが、廃棄品を再生して製品にする、というのはとても手間がかかることなのです。

普通の製品なら、一定の品質をみたしている原材料を購入すればすむのですが、廃棄品というのは品質がさまざまで、そこからバッグに使う部分を選定することから、ものづくりがはじまるのです。

また、もともとバック用の素材ではない帆布を、あえてバッグに使うのも手間がかかるんでしょうね。

SEALのバッグは、そういったこだわりのかたまりのようなもの。これから愛用していきます。