ひとり社長の株式会社の税金イベントをまとめてみた

株式会社を設立してひとり社長をやっているタムラです。この3月で2期目が終わります。

もうすぐ税務の最大の難関、法人確定申告の時期です。

オレ
今から気が重いぜ……

しかし、税務は確定申告だけではありません。スケジュールの確認もかねて、法人にかかわる税のイベントをまとめてみました。

法人確定申告 自分で税務もやるひとり社長には最大の難関だぞ!

1年間の所得を計算し、法人税・住民税・事業税を納付します。関連記事は以下に。

[clink url=”http://blog.ryouzan.com/final-return/”]

期日は決算から2ヶ月以内。弊社だと、3月決算なので5月末日までとなります。

法人税は国税であり、法人の所得に課税されます。所得が黒字でなければ、法人税はゼロ円です。

住民税は、地方税。この住民税は、個人ではなく法人にかかる住民税です。社長個人への税金ではないので注意しましょう。

事業税も地方税。これも、所得が黒字でなければゼロ円です。

もうかっている中小企業のオヤッさんは、

法人税と事業税をゼロにするためあらゆるものを経費とすることに心血を注いでいる

という伝説を聞いたことがあります。

オレ
オレもそんな身分になりたいもんだぜ

法人にかかわる税のイベントにおいて、この法人確定申告が最大の難所でしょう。

書類の作成が多く、難解すぎます。ぼくは去年、自分でやりましたが、軽く3人工はもっていかれました。

今年ももうすぐアレやるのかよ、と思うと今からメシものどを通らないわけですが、しかたありません。

来期こそは、利益をしっかり出し、この作業はプロにアウトソーシングしたいと思います。

住民税 起業して一年目は税負担がキツいぞ!

ここでいう住民税は社長個人への税です。

この住民税、前年の所得によって課税されます。

サラリーマンが会社やめて起業するとき、これに注意しましょう。

住民税は前年の所得で、今年の税額が決まります。その税は、サラリーマンなら天引きで給与から徴収されています。

しかし、サラリーマンをやめると、当然ながら給与はなくなります。天引きで徴収されていた住民税は、自分で払わなければなりません。

収入がなくなったのに収入があったときに算出された税を負担するわけです。

オレ
こいつは泣きそうになるほどツラいぜ!

で、この住民税、会社が給与から天引きする特別徴収と、個人が自分で納付する普通徴収があります。

特別徴収で会社が毎月の給与から天引きした税は、次月の10日に納付することになります。納期の特例が承認されれば半年ごと(6月10日と12月10日)のまとめての納付が認められるので、ぜひ申請しておきましょう。

源泉所得税 必ず納期の特例承認を申請しておけよ!

毎月の給与から天引きし、会社が次月10日までに納付します。

ひとり社長なら納期の特例承認を申請しておきましょう。これで半年ごと(7月10日と1月20日)の納付となります。

住民税にもいえますが、税額自体は変わらないものの、毎月の手間を年間2回に減らせます。

年末調整のあとは法定調書を忘れるなよ!

会社が従業員に給与を支払っている場合、年末にその年の税の過不足を確定させる手続きです。

会社は従業員ごとに源泉徴収簿を作成し、それをもとに法定調書を作成します。

税務署に提出する法定調書が源泉徴収票と法定調書合計表です。

給与の受給者が住んでいる市区町村に提出する法定調書が給与支払報告書となります。

多くの場合、徴税側が取りっぱぐれがないよう多めに徴税されているので、きちんと手続きすればいくらかは返ってくることでしょう。

給与をもらう側は、他に所得がなければ、特別なケースをのぞいて確定申告の必要がなくなります。

くわしくは、下記でまとめています。

[clink url=”http://blog.ryouzan.com/year-end-adjustment/”]

プロにまかせるのは簡単だが自分でやってみるのもいい勉強となる

ざっとこんな感じかな。

起業しようという志をもっているなら「商売のアイデアはあるんだけど税務の知識は今ひとつ」という人は多いのでは。

ぼくもそうなんだけど。

そんな場合、年末調整と法定調書でイヤになることでしょう。法人確定申告で頭をかかえて税理士に丸投げする、ということになるかもしれません。

それもひとつの選択肢ですが、頭をかかえながらも自分でやってみてはどうでしょうか。

よほどもうかっているならともかく、創業期なら利益も薄いはずだし、経費を削減できます。自分でやってみるのも勉強になるでしょう。

税務や経理を自分でやるにあたって、役に立つ本やサービスを上げておきます。

▲著者もひとり社長であり、エクセルの達人でもあります。なぜ経理をやらなくてはならないかという根本的なところをわかりやすく説き起こし、ITを活用した経理を解説してくれます。

オレ
「経理がさっぱり」というオレのようなひとり社長にオススメだぜ!

▲昨年、この本には助けられました。法人確定申告についてのもっともわかりやすい本でしょう。

オレ
今年も熟読することになりそうだな!

▲経理や税務の具体的なことを書いた本ではありません。おカネとはなにか。法人とはなにか。サラリーマンには思いもよらない切り口でそんな疑問に答える本です。

この本はアマゾンのレビューが秀逸です。引用してみましょう。

しかし、問題は、「脱サラ」して営む自営業の中身は何か?という本質的問題には何も答えていない。

専門化、分業化し、労働生産性を高めている企業からイジェクトして、「市場競争社会で少なくとも20年間生き残られることが出来る自営業とは?」については一切示されていない。

肝心のコンテンツが全く抜け落ちた内容である。

「市場競争社会で少なくとも20年間生き残られることが出来る自営業」の中身を1300円の本に求めるのはムリがありますね。それはもうコンテンツではありませんから。

オレ
自分で泥の中をはいずりまわってさがすんだぜ!



▲クラウド会計システムのfreee
です。

株式会社は複式簿記なので、なんらかの会計システムを利用したほうがいいでしょう。

とくに創業期は管理が甘くなりがちですが、おカネの出入りだけはきちんと記録しておきましょう。

ぼくはfreeeで、毎朝お金の出入りを管理しています。

あとは領収書をファイリングしておけば、最低限はなんとかなるでしょう。

オレ
領収書の管理だけはしっかりとな!

おしまい。