読書メモ

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 デイヴ・アスプリー (著), 栗原 百代 (翻訳) を読んだぜ!

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」を読みました。とてもおもしろい本でした。

ライフハックとはなんだったのか

一昔、いや二つも三つも昔かな。「ライフハック」というのがアメリカから輸入されて日本でもはやりました。世間一般にはライフハックとは、仕事をショートカットする便利なテクニックや、おばあちゃんの知恵的な小技みたいなもの、ととらえられていたようです。

ぼく自身は、そんな小手先の技に「ライフ」という言葉をくっつけるなんてアメリカ人も大げさだな、と考えていました。しかしながら、本書を読んで思いました。ライフハックとはそういった小さなことではなく、アメリカ的合理主義からくる、未知の領域を許さず、因果律をときあかそうという好奇心なのではないのか、と。

本書に「ライフハック」という言葉は出てこないのですが、「バイオハッカー」という言葉が出てきます。その文脈から「ハック」「ハッカー」という単語の意味が、少し理解できた気がしたのです。

自分の身体をハックしよう

ライフハックの対象が、自己の身体に向いたのがバイオハッカーだと、ぼくは理解しました。著者は、大金と時間を投じ、世界を旅し、文献から知見を得て、あらゆるダイエットを試します。究極のバイオハッカーであり、その集大成が本書です。

Amazonの評価には、

「これはお金持ちだからできる手法で、庶民には食べ物にこれほどコストをかけることはできない」

という声が多いのですが、これは正確ではありません。

著者は自分の身体に対する飽くなき好奇心から、どのような不調でも執念をもって原因を探り、解決を図ります。この好奇心、執念、解決へのエネルギーは、おそらくは自己の身体だけにとどまるものではないでしょう。

事業にそれを注ぎ込んだからこそ、成功し、経済的な自由を得て、この本を書けるような活動ができるようになったのではないでしょうか。

不合理と未知を許さず、徹底して解決を図る

ぼくも食事を記録して、体調を管理しているつもりでしたが、本書を読むと、とてつもなく甘いと感じました。身体の不調も、なんとなく記録しているだけで、その原因を徹底して探ろうというところにまでは、至っていません。本書からはとても多くの示唆を得たので、何度も読み返してカラダ作りに役立てたいです。

ピックアップ記事

  1. 「すべてはモテるためである」二村 ヒトシ(著)を読んだ 「キモチ悪さ」を消して女…
  2. 44歳の中年男が歳が半分の女の子とどうやっておつきあいすることになったか書いてみ…
  3. このブログ「ここはまかせろ先に行け」について
  4. 肉豆腐の簡単でうまいレシピはこれだ 肉とネギと豆腐としらたきがおりなす小宇宙に酔…
  5. 復讐するは我にあり 眠れぬほど悔しいなら全力で復讐しよう

関連記事

  1. 読書メモ

    一流の人はなぜ、A3ノートを使うのか? 横田伊佐男(著)を読んだぜ!

    時間かけてパワーポイントで数十枚のスライド作ったのにプレゼンがまったく…

  2. 読書メモ

    「仕事は楽しいかね?」を再読し、マックスの三つのリストを運用してみることにした

    「仕事は楽しいかね?」を再読しました。さすがに名著、構成が優れていて、…

  3. 読書メモ

    「転職したり、フリーランスだったり、離婚を経験した人は知らないと損する、年金の話」(著者 浜田 裕也…

    社会人になって一度、転職しました。10年ほど前のことです。で、先日、退…

リライトしたのでおすすめ

  1. マンガを読む

    「北斗の拳」の悪党たちに学ぶ まじめでいつもびくびくしているあなたが生きづらい世…
  2. 文房具

    理想的なシステム手帳 ノックスブレインの「LUSSO」(ルッソ)を入手した
  3. 文房具

    A3用紙にすぐに書きこむためにジョッターのようなツールがほしい
  4. ホームジムをつくる

    パワーブロックとボウフレックスを比較する FlexBell(フレックスベル)も登…
  5. マンガを読む

    TOUGH 龍を継ぐ男 1巻と2巻を読む
PAGE TOP