このブログのタイトルを変更しました 今こそ「ここはまかせろ先に行け」を語ろう

このブログのタイトルを変更した。

旧タイトル「男一匹身体が資本」 新タイトル「ここはまかせろ先に行け」

旧タイトルは「男一匹身体が資本」。これはこれで気に入っていたが、さっきとてもいいタイトルが頭に浮かび、さっそく変更した。

新しいタイトルは「ここはまかせろ先に行け」。これほど、ぼくの血を沸きたたせる言葉は、他にない。

「第9地区」の「ここはまかせろ先に行け」がアツい

近年サイコーの「ここはまかせろ先に行け」は、映画「第9地区」の主人公ヴィカスが、エビロボットに搭乗して大暴れし、仲間(?)のエビが母船に帰るのをサポートする場面。

▲エビロボットというかエビスーツが大暴れ。すばらしい「ここはまかせろ先に行け」が展開される。

ミサイルつかむところとかサイコー。このバトルシーンだけでごはん何杯でもいける。

「パシフィック・リム」の「ここはまかせろ先に行け」もアツい

または、「パシフィック・リム」の最後の戦い。

▲これ、カイジューが出てくる穴にのりこむとこ。ストライカー・エウレカとジプシー・デンジャー。

人類存亡をかけた戦い。とつじょ出現した強大な敵。ストライカー・エウレカは敵を引き受け、ジプシー・デンジャーの道をひらく。すばらしい「ここはまかせろ先に行け」が展開される。

「ダイの大冒険」のヒュンケルの「ここはまかせろ先に行け」もアツすぎる

あるいは、「ダイの大冒険」のヒュンケル。

▲ラスボスの城に乗り込む主人公パーティーを無傷で先に行かせるため、ヒュンケルはしんがりとして膨大な数の敵を引き受ける。

この話、構成がこっている。ただ単に「オレ残ってあいつら引き受けるわ」と言っても友情に厚い仲間たちがさせてくれるはずがないので、わざと仲間割れをよそおい、後に残るという。

さらに、それで終わらず……

▲少年ジャンプらしく、敵と友情がめばえ、仲間となる。

ところが新手の敵があらわれて、残HPがほぼゼロにもかかわらず、その新しい仲間を逃がすためにまた「ここはまかせろ先に行け」をやってしまうという。

果たしてヒュンケルの運命は

いわば、二段がまえの「ここはまかせろ先に行け」。ヒュンケルカッコよすぎ。

というわけで、このブログのタイトルを変更したよ、というお話し。

みなさんがお気に入りの「ここはまかせろ先に行け」もぜひ教えてください。

おしまい