超薄いシステム手帳ルフトを改造して財布と合体したら異常に便利になった

手帳と財布を合体させるととても便利。

薄いシステム手帳のルフトを改造して財布を合体させてみた。

多収納ミニ5穴バインダーにシステム手帳と財布を合体させる夢を見る

システム手帳のリフィルを買いに文具屋によった。

危険なので、バインダーのコーナーには近づかないようにしているのだが、ふと手にとってしまったバインダーがこれ。

▲アシュフォードのミニ5穴のディープ。

背面ポケットに紙幣が入り、裏のジッパーポケットは小銭入れとなる。

名刺用のポケットにはカードが入る。

システム手帳と財布を合体させることができるわけだ。

これとスマホさえポケットに突っ込んでおけば、どこに出かけてもまず困らないだろう。

すばらしい!

買う寸前までいったのだが、思いとどまった。

手帳と財布を合体させて便利になった思い出

昔、ナローサイズのシステム手帳を財布がわりにしていたことがあって、あれは便利だった。

▲ナローとはノックスが開発したサイズで、バイブルサイズの幅をミニ6と同じにまで狭めたもの。バイブルよりちょっと幅が細いからナロー。

あまりメジャーなサイズではないが、開発元の意地か、ノックスは作り続けている。

ノックスから独自ブランドに発展したプロッターでもナローサイズを展開している。

ナローサイズは長財布的なサイズ感で、紙幣も入る。

上のオーセンのような2方向が開口しているポケットを備えていると、紙幣を挟みやすい。

出かけるとき、ジャケットの内ポケットやパンツの尻ポケットに気軽にねじ込めるので、財布と手帳を合体して荷物を減らす、メモをいつでも身につけておく、という点ではとてもいい。

ナローサイズの財布手帳、それはそれは便利でかなり使い込んだが、ある時点で意を決してバイブルサイズに乗り換えた。

ただでさえ縦長のバイブルサイズをさらに細長くしたようなナローのサイズはクセがあり、身につけやすいがメモは書きにくい。薄いバインダーしかないのでシステムが組みにくい。

その場限りの使い捨てメモが増えるばかりで、長期的な視点から自己管理する、という点ではストレスがたまるばかりだったのだ。

今、マイクロ5穴の手帳を買ってもまたその繰り返しだろう。

薄型財布をルフトと合体できないか?

しかし、財布と手帳を合体させたときの便利さを思い出してしまった。バイブルサイズのバインダーと財布を合体させることはできないだろうか。

超薄型バインダーのルフトに、最低限の財布機能を付加すれば、バイブルサイズのフォーマットでありながら携帯性にも優れる財布手帳にならないだろうか。

▲アマゾンで検索してみると、ええ具合の財布が見つかったので買ってみた。レガーレのスリムウォレット

▲書いてる時点(2017年12月27日)だと、楽天とヤフーでは在庫処分で1980円となっており、アマゾンよりおトク。

これどんな財布かというと。

▲こう。このままカバンやポケットに放りこんで持ち歩く

▲左が普段使っている長財布。右がレガーレ。カードをフル装填しているので浮き上がっているが、かなりの薄さ

▲紙幣はここ

▲裏が小銭入れ

このうすーい財布を

▲ルフトに合体させればええ感じの財布手帳となるはず

▲上下が少しはみ出すが、まあ悪くない

▲しかし、いくら薄いといえ、超薄型バインダーのルフトに財布を挟んでしまうと、リフィルを挟む余裕がほとんどなくなる。もう手帳として機能しない。この案はボツ

ルフトを変造して財布機能を付加する

その後、いろいろと試行錯誤し、ルフトに財布としての機能を持たせた試作版が出来上がった。

▲一応は財布として使えるレベルに達した変造ルフト。ルフト改

▲表紙を開くとペンホルダー。後ろに財布機能を加えたので、邪魔になったペンホルダーは前に

▲手帳部分は割愛。財布部分は、アシュフォードのファイルケースからはじまる。

▲アシュフォードのファイルケース、使っている人あまり見かけないが、よくあるクリアポケットをちぎって捨てたくなるほど便利なのでオススメ

▲クリアフォルダと同じような材質で、二重になっているのが特長

▲片側はリング穴から外れるので、レシートや割引チケットなんかを放りこんでおける。出すのも入れるのも便利すぎ

▲クリアフォルダの次はカードポケット。

▲ システム手帳のアクセサリであるカードポケットは使いにくい。その理由は、ポケットがリング側に開いているからだ。

脱落を防ぐためだろう。しかし、リングとカードが干渉してカードの出し入れにイライラする。

▲あまりにイライラしたのでぶった切り、ポケットのオープン方向を反対にしてマステで固定してみた。ついでに、幅を詰めてジャストリフィルサイズに。

▲使い心地はどうかというと

▲こちらからカードを取り出せるというだけで、あら便利! イライラが消えた。

薄いフィルム製なので、耐久性が心配だが、便利すぎて後もどりできない

▲カードポケットの次は小銭入れのジッパーケース

▲こういうジッパーケース、トラベラーズノートだとやたらにカッコいいやつがあってうらやましい。流用したいが、バイブルサイズにはどうやっても合わない。

仕方がないので、100円ショップでちょうどいいサイズのジッパーケースを調達し、カット

▲ 瞬間接着剤で閉じ、リング用のホールも接着。ついでに中央部分も接着して閉じ、二気室にした。

金額ごとに硬貨を選別しておけば支払いもスムーズ。硬貨が下に寄ってゴロつくのも防止できる

▲とはいえ、もうそろそろ硬貨を使うのはなくしていきたい所存

▲最後、カバー裏(表3)に紙幣ポケットとなる革を貼り付けた。ユザワヤで安かったという理由で適当に調達した革だが、もうちょっといい色がなかったのかと反省している

▲紙幣ポケットとしては問題ない。いずれ、ちゃんとした革を買ってきてきちんと縫い付けよう

▲というわけで、ひとまずは実用レベルに達した財布手帳、ルフト改。

実戦投入しつつ、使いにくいところは改善していく。完成度が高まれば、オーダーで作ってもいい。

管理するものを少なくすると、ストレスが減る。これからは鋭意、ルフト改を身につけてどんどんキャッシュを支払っていきたい。

というか、いい加減キャッシュレスな世の中になってほしいんだが

▲ルフトの後継、プロッター。ルフトはリングの品質が低いのが弱点だが、プロッターはクラウゼなので安心

プロッターで最も高い「プエブロ」は革がゴツくて硬く、立ったままの筆記にもよさそう

おしまい