「好き」で食っていくのが難しいならまずは「得意」を収入にしてみたら?

好きなことで食っていく。

夢のような、フワッとした話。そんなこと、できたらいいよな〜。

でもフツーのサラリーマンが、

どうしようもなく好きで好きで、その道で尖りまくっててプロとして報酬をいただけるスキル

なんて持ってる?

ないよね……

「得意」で起業→「好き」を収入源に

好きなことで食っていく。

そのために、まずは「得意なこと」を副業にして収入を増やし、転職や起業して、自由に使える時間とおカネを増やしてから、好きなことをプロレベルにまで高める、という戦略はどうだろう。

「得意」で起業→「好き」を収入源に

という流れ。ボクが今、これを実践中なんだけど。

一見、のんびりして遠回りのような気もする。

もういい歳だしそんなのんびりしたことやってていいの?

いえいえ。

人生100年時代。のんびりでもいいから、長期的な戦略を立てて取り組まないと、人生長すぎてヒマしてしまう。

とりあえず得意なことで起業した事例

この記事書いてるボク自身、好きなことで食っていく、というところにまでは達していない。

しかし、得意なことで起業して、食っていけるところまではたどりついた。

得意なことって、産業廃棄物。産廃。

大学を出て以来、ずっと産廃業界で働いてきた。全国の産廃処理業者さんへ訪問し続けてきた。訪ねた産廃処理業者さんの件数では、日本一なんじゃないかという自負がある。

もしボクが、

「産廃が好きで好きでしかたない! 産廃愛してる!」

というレベルに達していたら、すでに好きなことで食っていることになるが、正直そこまで産廃が好きなわけではない。

困っているお客さんの役に立てるという喜びや、微力ではあるが日本の環境保全に貢献したいという責任感はあるけども。

ある程度キャリアを積んだサラリーマンなら、そういった「好きでたまらないとまではいかなくても得意なこと」ってあるんじゃないだろうか。

まずはそれをマネタイズできないか、考えてみよう。

好きなことをプロレベルにまで高めるためには時間とおカネがいる

好きなことで食っていく。つまり、プロとして報酬をいただく。

そのためには、好きなことに打ちこんで、レベルを高めていかなくてはならない。

レベルアップには時間とおカネがいる。

たとえば、ブログ。

ブログも十分に収入源にはなり得るけど、ある程度の収益を確保するまでは時間もかかるし、当初はブログにかける時間はおカネを生みださないから、キャッシュを取り崩していくことになる。

そのおカネと時間が、あるか。

ボクもそうだったからわかるけど、フツーのサラリーマンには難しい。

だからまずは得意なことで副業し、転職もして、できれば起業し、収入と時間を確保して、好きなことをプロレベルにまで引き上げる、という戦略だ。

好きなことがなかったら今から見つけよう

「得意で起業→好きを収入源に」戦略のいいところは、たとえ途中まででも大きなメリットがあることだ。

  • 「好き」までいかなくとも「得意」なことはないか?
  • 収入源となるほど得意なことはあるか?
  • 得意なことをマネタイズできないか?
  • 得意なことで起業できないか?
  • 時間とおカネを投資してまで打ちこみたい好きなことがあるのか?

といったことを考え尽くさなければならない。

「好き」がなくとも、得意なことで起業まではできるかもしれない。

起業まではいかなくとも、得意なことで副収入を得ることができるかもしれない。

あるいは、得意なことも好きなこともない、という事実に気づくかもしれない。だったら、これから得意なこと、好きなことを作ればいい。

人生100年時代、たとえ40歳でも50歳でも、こういったことに取り組むのは遅すぎるということはない。

長寿リスクを克服し、人生の後半戦を楽しみ、自由に、楽しく生きるための戦略を、描いてみよう。