我が友へ

ブログの記事を毎日書くためにはこれをやれ 絶対に毎日書けるただひとつのその方法とは

10年ほど前は文章を書く仕事をしていた。転職してまったく書かなくなった。

でも書くことが好きで、書き続けたく、ブログなどをぼちぼち書いているわけだが、仕事で書いていたときと比べ、書く力が格段に落ちたことを痛感している。

「昔はスゴかったおじさん」の挑戦がはじまる

いやー、もっと書けるはずなんだよオレ。昔はこんなんじゃなかったんだから。

……はっ! これは「オレも昔はスゴかったおじさん」! かつて最も忌み嫌った存在に、オレ自身が今はなりはてている。

こんなんじゃダメだ! もう一度やりなおそう!

ということで45歳のおっさんの「書くこと」への挑戦がはじまった。

酒を減らして時間ができたのに書けない

書くことは好きだ。

食欲をわすれて2時間ぐらいはあっというまに過ぎるほどに没頭できる行為は、文章を書くごとぐらいだ。ではなんで書けないのかなあ、と考え、真っ先に思い当たったのが、毎晩酒を飲んでいるから書く時間がぜんぜんない、ということ。

なんだそうかー。だったら酒を減らせば余裕で書けるじゃない! ということで減らしてみた。

▼関連記事

禁酒を4日間続けたらどんな効果が? アンチエイジングのために酒を断とう!

禁酒の方法は「ドラゴンボール」の悟空と「カイジ」の班長が教えてくれた

一日が終わって書こうとしてもヘロヘロに疲れて書けない

酒を飲まない晩は、夜が長い。

ところが、ちっとも書けない。なぜ書けないんだろう。ネタ帳のトラベラーズノートをめくっても、まったく創作意欲がわかない。

なぜ書かないのか。自分の状態をよく観察すると、夜は一日が終わってつかれているのだった。

朝は6時に起きて仕事し、夕刻には筋トレし、家事やら有酸素運動やらをこなすと、20時ごろにはもう疲れてヘロヘロ。この状態から文章を書くのはツラい。

大事なことは一日のはじめにやれ

そこで、朝起きたらすぐにブログの記事を一本書く、というタスクをもうけた。すると書ける。昨日までの一週間、毎日1本以上を書くことができた。

書いた記事の半分はマンガの感想文なので、文章の質はアレなんだが、まずは一日に一本書く、という習慣を根付かせることが大事だ。書き続ければ、質はあとからついてくるはず。

ドラッカーも「大事なことは最初にやれ」と言っている。必ずやりたいことは、一日の最初にやれば、必ずできるはずだ。

ということで、この記事のタイトルの答えは「朝起きたら真っ先にブログを書けば絶対に毎日書ける」だ。そんなわけで、次は一ヶ月間、毎日更新に挑戦してみたい。

おしまい。

ピックアップ記事

  1. 44歳の中年男が歳が半分の女の子とどうやっておつきあいすることになったか書いてみ…
  2. 「すべてはモテるためである」二村 ヒトシ(著)を読んだ 「キモチ悪さ」を消して女…
  3. 復讐するは我にあり 眠れぬほど悔しいなら全力で復讐しよう
  4. 家族とはなんなのか 23歳から93歳までが集う新年の食事会で考えたこと
  5. ブラックひとり社長の仕事術 五つの掟 スマートを否定し泥臭く這いずりまわれ

関連記事

  1. 我が友へ

    その苦労は報われない 苦労には「報わる苦労」と「報われない苦労」があるんだよという話

    今週は大阪出張でした。見たこともない日本酒を飲みまくり、新しい案件も一…

  2. 我が友へ

    本をこうやって読んでいる 選んで買ってメモして習慣にしてリターンを得るまで

    読書数が減ってきており、また読書する目的も曖昧になってきたので、昨日は…

  3. 我が友へ

    【週報】2017年4月15日から21日までをふりかえる

    歳をとるほど時間がたつのが早くなっていく感覚があって、最近はほんとに1…

  4. 我が友へ

    手帳に書いた「彼女を作るための10のリスト」を公開するよ ついでに男を磨いて仕事もできるようになりま…

    男は、傲慢で稚拙で、雑で力まかせな生きものです。そういったイヤなところ…

リライトしたのでおすすめ

  1. 読書メモ

    「すべてはモテるためである」二村 ヒトシ(著)を読んだ 「キモチ悪さ」を消して女…
  2. 読書メモ

    「男性漂流 男たちは何におびえているか」 奥田祥子(著)を読んだぜ
  3. 文房具

    オレンズとクルトガアドハンスの筆跡を比べ、クルトガと赤芯でトガり続ける赤鉛筆を作…
  4. 読書メモ

    「東大合格生のノートはどうして美しいのか」太田 あや (著) を読んだぜ やはり…
  5. 我が友へ

    「将来なにになりたいの?」ときかれるのが死ぬほどいやだったあのころのぼくへ
PAGE TOP